携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 タグ:熊本地震 ( 11 ) タグの人気記事

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 「3・11」七回忌・熊本地震11ヶ月を迎え、改めて思ったこととその後新たに思ったこと

本日(11日)で「3・11」七回忌、来る14日と16日で熊本地震から11ヶ月となる。
未だに「3・11」の被災地では3万5000人余りの方々が仮設住宅で生活していることを始めとして12万人余りの方々が終の住処を見つけられないことや商店などの再建がまだまだ道半ばであること、市役所の再建をめぐって論議が起っている自治体があること、原発事故で住民が避難した地域では段階的な住民の帰還の計画がある地域でも放射能への不安の声もあるなどまだまだ復旧・復興に向けての問題は山積みになっていると言わざるを得ないのでは、と思ってる。
そういう苦労や不安の中で熊本地震発生時から「3・11」の被災地の皆さんが継続して行ってきた被災した我々熊本・大分の被災地住民に対して救援物資の送付やボランティアや医師の派遣、復旧・復興のアドバイスのために自治体職員が派遣されたこと、さらには「24時間テレビ」でのくまモンと羽生結弦選手の共演を始めとした様々な復旧・復興に向けたイベントの開催といった様々な支援に対しては改めて感謝で頭が下がる思いがすると同時にお互いに力を合わせてそれぞれの被災地の復旧・復興のを実現させるために何か出来ることはないかと常に考えている。

「3・11」発生間もない頃に終戦間もない頃に焼け跡の中から我々の祖先が立ち上がり、復旧・復興を成し遂げたことを思い起こして復旧・復興を実現させることを願ってデザインした商品。一日も早く「3・11」の被災地と熊本・大分の被災地が力を合わせて完全な復旧・復興を成し遂げることを願い改めてご紹介させていただくこととした。
b0133911_20535646.jpg
また、「3・11」の被災地では復旧・復興によって次の世代に元気な地元を引き継ぐと同時に震災・事故の体験を語り継ぐための事業が進んでいるとのことである。
私も熊本地震被災地住民の一人として復旧・復興と同時に震災の体験をどのように語り継ぐかを考え、実行したいということも思っている。


原発事故によって家族とともに避難した児童・生徒が避難先でいじめにあったと言うニュースを聞いた時にはいじめた児童に対してはもちろんのこと、まともな対応としなかった教師や学校側、教育委員会に対して「放射能の恐怖におびえ、住み慣れた故郷を追われて親しい友達と離ればなれになったことがどんなに悲しいことなのか分からないのか」と思い、嘆かわしくなると同時に悲しくなったのである。本来教師は生徒に対して人生にとって大切なことを教える「聖職」である以上はそのことを踏まえて避難した児童・生徒がどんな思いで住み慣れた故郷をおわれて避難したのかを伝えて「もし君がそのような状況になったらどうするのか」と伝えて放射能について正しい知識を持って「正しく恐れる」ことと同時に、「自分がされて嫌なことは人にもしないこと」「人の痛みを理解出来る様になる」ことからいじめをやめる様に注意するのが教師や学校のつとめではないかと思っている。また、放射能について正しい知識を持って「正しく恐れる」ための教育とともに、いじめ根絶のためにも人の痛みを理解出来ること、人を思いやることが出来る様になるための教育を徹底する様に47都道府県の県庁と教育委員会、さらには文部省を始めとする政府機関が連携をとれる様にする必要とともに我々民間でも何か出来ることはないか考え、協力出来る様にするのが望ましいと思っている。

興味深い記事を見つけたのでご紹介させていただきたいと思っている(全てYahoo!ニュース)
「放射能がうつる」「福島に帰れば」 原発避難者が耐えるいじめ
【復興の道標・不条理との闘い】無関心が偏見を生む 現状見ずイメージ固定
「原発避難いじめ」はなぜ起こってしまうのか?その原因は、大人にあった

いじめ根絶のためにもお役に立てばと思い御紹介させていただきたいと思っている
b0133911_15340011.jpg
b0133911_15303680.jpg
b0133911_15312367.jpg
また、悲しく嘆かわしい行為と言えば引き続き原発再稼働を目指す動きもある。
原発の安全性が保証されないことが理解されていないことは大変残念と言わざるを得ないと思っている。熊本地震はもちろんんこと、その後鳥取や茨城で起った地震では震災がいつどこで起るか分からないことが改めて立証された以上原発を全廃し、自然再生エネルギーへの転換を図ることで安全かつ安定したエネルギー供給こそが国土を愛し、祖先を敬う「真の愛国」であり、「真の成長戦略」であることと政府・与党も目指している福島県の復興のために最善の道でもあることをご理解頂きけたらと思っている。

原発廃止を目指して活動する小泉純一郎元首相がしていた興味深い話はこちら
小泉純一郎元首相「どうかしている。発想がわからない」 安倍晋三政権の原発輸出政策を批判

原発廃止と自然再生エネルギーへの転換を求めてデザインした商品はこちら
b0133911_20072533.jpg
b0133911_20073395.jpg
b0133911_20080852.jpg
b0133911_20091622.jpg
b0133911_20091253.jpg

b0133911_15320415.jpg
b0133911_20082366.jpg
b0133911_20085889.jpg














にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]

by shintaromaeda | 2017-03-11 16:59 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 熊本地震より10ヶ月、改めて思うことと新たに感じたこと

b0133911_19232630.jpg
先月31日午後に復旧工事が進む熊本県立美術館分館と熊本県伝統工芸館の真向かいにあり、現在も立ち入りが禁止されている北十八間櫓と東十八県櫓下の広場に震災を乗り越えて例年通り咲いた椿を道路を挟んだ向かい側から撮影。自然は厳しい試練を与えることもあれば美しい風景を見せることもあることを改めて実感した。

14日と本日(16日)で熊本地震発生から10ヶ月を迎えた。
熊本市中心街を始め、私の地元・宇城市内の各商店街など震災前の賑わいを取り戻した地域が多いとはいえど未だに全館休館や一部休館を余儀なくされている公共施設が多いことや南阿蘇鉄道やJR豊肥線を始めとして一部運休を余儀なくされている区間がある路線があること、熊本城を始めとする文化財の復旧と生活の再建をどう両立させて行くかという課題、未だに4万人を超える方々が終の住処が見つからずに仮設住宅で生活していること何ど様々な課題が山積している。

2005年(平成17年)ないし07年(同19年)に遊美塾秋季宿泊講習で撮影した南阿蘇鉄道の沿線の写真。季節外れではあるが全線復旧と沿線地域にも復旧・復興が一日も早く実現することを願い、掲載させていただくこととした。
b0133911_19225839.jpg
b0133911_19225883.jpg
b0133911_19225858.jpg
b0133911_19225966.jpg
b0133911_19225980.jpg
b0133911_19230040.jpg
b0133911_19230026.jpg



さらに復旧・復興と防災に加えて課題が生まれたとすれば、この震災を後世にどのように語り継ぐかということである。
年数が経過するとともにこの震災のことが忘れ去られることが出てくるかもしれないので、10ヶ月前に我々被災地の住民が体験したことを様々なことを様々な形で言葉はもちろんのこと、写真など目に見える伝達手段なども使って語り継ぐ必要が出てくると思っている。そのためにも私も出来ることがあればとも思っている。


[PR]

by shintaromaeda | 2017-02-16 20:20 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 「1・17」二十三回忌、熊本地震から9ヶ月を迎え思うこと

[AC CM]公共広告機構 阪神淡路大震災激励1
「1・17」(阪神淡路大震災)発生直後から神戸市内を始めとする被災地の様子が伝えられ、場面の数々を見る度に言葉を失う一方で何か出来ることはないかと考えていた時にこのCMで瀬戸内寂聴さんが訴えたメッセージを聴いてその50年前に我々の祖先が終戦直後の焼け野原の中から日本の復旧・復興を目指して立ち上がったことを思い起してどんな小さなことでも行おうと思って募金を行ったことをおぼえている。以来、「3・11」などの大きな災害が起る度に国土の復旧・復興を目指して立ち上がった祖先のことを思い起こして小さなことでも可能なことを行ったことをおぼえている。私自身も被災者となった熊本地震の際は被災地住民の一人として愛する地元・熊本と大分の復旧・復興のために何か出来ることはないかと思った際に改めてこのCMのことを思い返し、祖先に習って可能なことを少しづつでも行って熊本・大分を再び元気にしようと思ったのである(その思いは今でも変わらない)。

遅い話題となってしまったが、去る14日と16日で熊本地震の余震・本震より9ヶ月、17日に「1・17」二十三回忌を迎えた。
「1・17」の際にはそれまで行われていた対策や震災発生時の対応が不十分だったことから命令系統の不備が発生して被害が大きくなったことが問題となり、その反省から防災・減災のために国内法の改正などが行なわれたことで改善されたこともあって自然災害への対策や対応がスムーズに進んだことも多かった。その一方で私もそうなのであるが熊本を始めとする九州地方では水害への対応は盛んにとられていたとはいえ、地震への対策は不十分だったのではないかと思っている。私は熊本地震発生後にそのことへに対して反省する気持ちも日増しに強くなって行ったのである(県庁や市町村役場などの行政機関でも対策の見直しを大幅に行ったとのことである)。
また、「1・17」被災地が地下鉄サリン発生後に関心が一気に薄れて行ったということも問題になったのを覚えている。今、熊本地震被災地への関心も薄れているとのことなので改めて復旧・復興が完成するその時まで熊本・大分のことを少しでも覚えていただけたらと思っている。

熊本地震発生直後から神戸市を始めとして「1・17」の被災地の皆さんからも支援や激励、アドバイスを頂いたことにも大変ありがたく思っており、そのことに応えるためにも復旧・復興を実現させたいと思っている。

b0133911_20093114.jpg
今月22日午後、遊美塾からの帰りに撮影した修復作業が進んでいる熊本城長塀。我々熊本県民の財産である熊本城が元の姿に少しづつでも戻って行っているのは嬉しいのだが、その一方で修復工事を急がずに生活の再建も充実させるべきだという意見も出ているため生活の再建と熊本城を始めとする文化財の修復をどのようにして両立させて行くかという課題の解決にも私も何か出来ることはないかと思っている。


よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by shintaromaeda | 2017-01-30 20:18 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 熊本地震より8ヶ月、改めて思うことや率直に思うこと(1)

14日と本日(16日)で熊本地震から8ヶ月となる。
徐々に震災のことが忘れ去られようとしているが、県内では避難所は全て解消されたとはいえ4万1000人、即ち県民の43人に一人に当たる方が仮設住宅や県営住宅などに仮住まいしている状況になっていることや、熊本城や阿蘇神社、通潤橋など我々熊本県民にとって何物にも代え難い財産と言える文化財の修復も進んでいるとはいえ完全に修復されるまで時間がかかること、熊本県立図書館を始めとしてまだ全面開館となっていない施設があることや、不知火文化プラザ(宇城市立不知火図書館、宇城市立不知火図書館)や熊本市動植物園など未だに再開していない施設もあることから復旧・復興の完了して全ての方々に笑顔が戻るその時まで熊本、同じく被災した大分のことを心のどこかにおいていただけたら、と思っている。
また、ここまでご支援して下さった方々に改めてお礼を申し上げたいと思っている。

この8ヶ月間、一貫して思ったことのひとつにここまで何気ない日常がここまでありがたいものであることを常に思ってきたのである。震災発生時に当たり前だと思っていたことが機能しなくなった時に日常生活が多くの方々の営みと祖先代々の積み重ねであることに気づいた時に我々の日常生活に関わってる方々と祖先に関したためである。


今月4日朝、遊美塾の講習へ向かう途中で撮影した松橋駅新駅舎(新駅舎は10月末に完成、駅の施設が全て完成するのは来年春の予定だったが震災で延期するとのことだった)からの窓からの風景。改めて復旧・復興が進んでいるとはいえまだまだ道半ばであり、私も何か出来ることがないかということを考えさせられた。
b0133911_19532442.jpg



街を彩る紅葉は自然は厳しい試練を与えることもあれば美しい風景を見せて感動させてくれるということをあることを改めて教えてくれた様に思えたのである。

11月29日、仕事の合間に熊本市中央区千葉城町にある県立美術館分館と県伝統工芸館真向かいにある北十八間櫓からの紅葉。
b0133911_19543739.jpg


今月13日、仕事の合間に熊本市中央区辛島町の肥後銀行本展前の庭にて。
b0133911_19525224.jpg




00000010_13281537.png





よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]

by shintaromaeda | 2016-12-16 21:05 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 「3・11」被災地に最大級の余震発生、率直に思った事

22日早朝に「3・11」被災地に最大級の余震が発生し、津波警報も出て脳裏に5年前に起きた悪夢が脳裏をよぎったのだが、けが人がでたが亡くなった方がいなかった事と養殖用のいかだが被害を受けるなどの被害はあったが大きな被害がなかった事は不幸中の幸いだと思った。遅くなってしまったがこの場を借りて怪我をされた方が一日も早く回復する事をお祈りするとともに、住民の皆さんにお見舞いを申し上げたいと思っている。
発生時には住民の皆さんの対応が迅速だった事に評価があったとはいえ、車の渋滞が課題となった。徒歩で高台に上がるのが難しい方がいるためだとの事だが、車の乗り合わせなどで対応するなど、最善の方法を話し合った方が良いのではと思っている。
福島第一原発に再び事故がなかったことも不幸中の幸いだったとはいえ、事故が繰り返される危険が残っている以上「もう放射能の恐怖におびえるのはまっぴらごめん」という意思をはっきりとさせた上で一日も早く福島第一原発の廃炉に向けて最善の方法を見つけるために論議を重ねた上で実行すると同時に原発の全廃し、安全かつ安定したエネルギー供給の実現を目指す必要があると思っている。

原発を全廃し、安全かつ安定したエネルギー供給を目指す一助になるべくデザインした商品はこちら(一部)
b0133911_20091622.jpg
b0133911_20091253.jpg
b0133911_20085889.jpg
b0133911_20080852.jpg
b0133911_20073395.jpg
b0133911_20072533.jpg



今回発生した余震は熊本地震被災者の一人として未だに余震が繰り返される熊本にもいつ大きな余震が発生するか分からない以上注意する必要があるという事を突きつけられた様に思えたのである。「その時」に最善の対応が出来る様に備える必要がある以上引き続きすぐ避難出来る様に荷造りを解かずにいると同時に何が必要かを考え続けているのである。

よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]

by shintaromaeda | 2016-11-26 19:23 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 熊本地震から7ヶ月〜傷跡がまだ残る熊本にも秋の彩りは訪れる

去る14日と16日に熊本地震の前震と本震から7ヶ月を迎えたが、再開していない店舗や施設があったり時間が止まった様に震災の傷跡が残っている地域がある事から復旧・復興への課題がまだまだ残っているとはいえ、避難所の解消や被災した方々の仮設住宅のヘの入居が進んでいる事(真の完了は終の住処となる住宅への入居が決まった時であると思っている)から復旧・復興は進んでいると思っている。

15日午後、仕事の合間に熊本市中心街の県伝統工芸館前と日本郵政九州支社前の坂道で写した写真。熊本市中心街ですらまだまだこのような傷跡を見かけるのだが街並のにぎわいを見ればさらに復旧・復興に近づいている事を実感するのである。
b0133911_20293099.jpg

b0133911_20294991.jpg


震災という災難を経験した熊本の街にも秋の訪れはやってきて彩りをよせいている。
その事で改めて人間の自然の一部であり、どの様に生きるべきかという課題を与えられているのでは、と思っている。写真は15日午後に撮影した入口が壊れたためまだ立ち居入りが出来ない高橋記念公園(向かい側から撮影)と長塀通り(正確には熊本市役所付近)から
b0133911_20484498.jpg

b0133911_2049757.jpg

b0133911_20491751.jpg


熊本には鶴屋バスケットチームの全国大会優勝といった吉報も届けられた。
選手のみなさんも被災し、ホームグラウンドであるよかな・うまかな・スタジアム(通称「うまスタ」、熊本市東区)が一時使えないという状態などの困難を乗り越えたロアッソ熊本のJ2残留のbニュースとともに復旧・復興への足がかりとなるとも考えている。
b0133911_2059283.jpg


最後に、この7ヶ月間我々被災地の住民が官民一体でここまでがんばる事が出来たのは熊本と大分に思いを寄せ、案じていただいた皆さんのご支援とお気持ちのおかげであると考えているので、改めて感謝を申し上げるとともに必ずそのご支援とお気持ちに答える為にも復旧・復興を実現させたいと思っている。


よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
00000010_13281537.png


[PR]

by shintaromaeda | 2016-11-25 20:53 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 熊本地震から半年、改めて思うこと

8月に撮影した私の地元・宇城市の墓地。撮影から2ヶ月経過した今日でも修復は進んでいない。
b0133911_18454331.jpg
b0133911_18454227.jpg


先月18日、遊美塾の講習の帰りに立ち寄った藤崎八旛宮で藤崎宮秋季大祭が行われていた際に撮影した写真。まだまだ震災の爪痕が残っていることから復旧・復興が完成するのはまだまだ先だと思わせられた一方で、震災を乗り越えて開催された藤崎宮大祭のにぎわいは少しづつではあるか活気を取り戻しつつあることを感じさせた。
b0133911_18582230.jpg
b0133911_18582336.jpg


本日(14日)と16日で熊本地震の前震・本震から半年となる。再開した商店が多いことから日常生活が戻ってきている様に思えるのだが、未だに余震におびえながら生活を送っていること(前震発生以降12日まで発生した地震の回数はその後精査された結果4000件を越えていた)や再開していない商店や熊本市動植物園を始めとして休館館を余儀なくされている公共施設が多くあること、熊本城を始めとして被害を受けた文化財の修復が難航していること、避難所は今月いっぱいで解消されるとはいえ新しい住居が決まっていない方々が多くいることや歴史的な住居が多く並ぶ熊本市中央区の新町・古町一帯の修復が難航していることなどから復旧・復興が完成のはまだまだ先にも思えるのだが、この半年を通じて国内外から熊本・大分を案じて下さるみなさんからの様々なご支援もあって徐々にではあるが復旧・復興へ進んでいるのでご支援をしていただいた方々にはこの場を借りてお礼を申し上げたいと思っているとともに、みなさんの思いにお答えすべく一日も早く元気な熊本に戻る様に努力を続けたいとも思っている。

12日に修復のための調査で調査隊が熊本城で歴代藩主の居住スペースであり、本丸御殿内にある元々豊臣秀頼をかくまうために作られたと言われる昭君の間に入ったところ石垣や地下通路の石、土壁が崩れていたり土台が傾いていたりしたとはいえ、障子絵や壁画など装飾ヘの被害が小さかったので(テレビニュースで知った)昭君の間に施された芸術の数々も熊本の「アートのちから」のひとつとして復旧・復興の励みになるのでは、と思っている。
熊本城本丸御殿 地震後、初公開

あと、九州以外の地方では日に日に熊本・大分の被災地に関する報道がさらに少なくなっているとのことなのでこの記事をごらんになったみなさんには復旧・復興が実現するその時まで熊本・大分のことを心に留めていただけたら、と思っている。


よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by shintaromaeda | 2016-10-14 19:17 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 「9・11」より15年、「3・11」より5年半、熊本地震より5ヶ月を迎えて改めて思うこと

改めて2011年(平成23年)9月に「9・11」から10年、「3・11」から半年なるのに合わせて世界平和と被災地の復旧・復興を願ってデザインした商品。
b0133911_19174470.jpg

去る11日で「9・11」より15年、「3・11」から5年半を迎えた。
さらに本日(14日)と16日で熊本地震の余震・本震から5ヶ月を迎えるが、これを機にさらに思うことが色々とあるので申し上げさせていただきたいと思っている。

「9・11」から15年になる現在でもシリアを始めとする中近東の国々で戦争やテロ行為が耐えないことに大変心を痛めると同時に、欧米諸国や日本国内でアルカイダやISILなどのイスラム原理主義集団によるテロ行為を口実にしてイスラム教徒に対する差別が行われていることを嘆かわしく思っている。イスラム教の教えは預言者ムハンマドが臨終の際に「この地上全ての人々に平和を」という言葉を残したことや「一人の人を殺すのは全人類をころすのに等しい」というコーランの記述があることから本来は全ての人々が平和に暮らすことを目指す宗教であり、イスラム原理主義集団のテロ行為はイスラム教の教えに即行為である以上イスラム教ヘの差別は間違いであると思っている。直ちに差別をやめるよう求めると同時に、原理主義集団メンバーに対してもテロ行為をやめて組織を解散させた上で人種・民族・宗教・地域・出自・性別・障がいの有無にかかわらずどのような方がたとも相互理解をはかり仲良く平和に暮らすことを求めたいと思っている。

憎悪と報復の連鎖を断ち切り、共存・共生に基づく平和の実現に役立てばとデザインした商品。
b0133911_19280764.jpg

また、「3・11」の被災地ではにぎわいを取り戻した地域が多い一方で福島で警戒区域になっていた地域でやっと避難命令が解除されてこれから地域の立て直しが始まったりまだまだ仮説の漁業施設で運営している地域があるなど復旧・復興が道半ばという状況だとのことである。その中で私も被災した熊本地震が発生した際に様々な支援をしていただいたことと今日でもご支援をして下さる方々がいらっしゃること、思いを寄せていただいている方がいらっしゃることに感謝をしているのでこの場を借りて改めてお礼を申し上げたいと思っている。震災発生から5ヶ月経った今日でも熊本県内だけでも未だに500人余りの方々が避難を余儀なくされていることや合計して2000回を越える余震におびえていること、多くの場所で傷跡を見かけるなどまだまだ大変な中ではあるが、「3・11」の被災地のみなさんを始めとして支援をして下さった方々のお気持ちに答えることが出来る様に引き続き復旧・復興のために何か出来ることはないかと思っている。

本日、福井県敦賀市にある高速増殖炉「もんじゅ」廃炉になるというニュースがあったが、このことが原発の全廃と自然エネルギーヘの転換による安全かつ安定したエネルギー供給を目指す第一歩になればと思った。日本全国で小規模な地震が頻発しており、いつどこで大きな地震が起るか分からない以上全国の電力会社関係者のみなさんには原発廃止と自然再生エネルギーヘの転換こそが最善の経営方法であることをご理解頂けたらと思っている。

原発廃止と自然再生エネルギーへの転換のために一役買えばとデザインした商品はこちら(一部)
b0133911_20091622.jpg
b0133911_20091253.jpg
b0133911_20085889.jpg
b0133911_20082366.jpg
b0133911_20080852.jpg

b0133911_20073395.jpg
b0133911_20072533.jpg




よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by shintaromaeda | 2016-09-14 20:12 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 終戦より71年、熊本地震4ヶ月を過ぎ率直に思うこと

少々遅い話題となって申し訳ないが、15日に大東亜戦争(太平洋戦争)終戦より71年、14日と16日に熊本地震の余震・本震から4ヶ月を迎えたが改めて終戦から長い年月を迎えて戦争体験を伝えるのが年々難しくなっていることとともに、我々の祖先が終戦直後に衣食住事欠いた焼け野原の中から立ち上がって復旧・復興を実現させたことを思い返した。私は改めて祖先を誇りに思うとともに地元・熊本と大分の復興のために何か出来ることはないかという気持ちが改めて大きくなったのである。

2011年(平成23年)3月中旬に我々の祖先が焼け跡の中から立ち上がって復旧・復興を実現させてたことを思い返し「3・11」被災地の復旧・復興を目指すためにデザインした商品。改めて熊本地震発生時に大変な中救援に駆けつけていただいた「3・11」の被災地のみなさんに感謝すると同時に力を合わせて復旧・復興を実現させることを願いご紹介させていただきたいと思っている。
b0133911_20535646.jpg


よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by shintaromaeda | 2016-08-25 20:54 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 暑中お見舞い申し上げます2016

b0133911_189538.jpg

この夏は熊本地震による傷跡がまだまだ癒えない中ではありますが、復旧・復興への歩みも確実に見えている夏になっていると思います。私も熊本県民の一人として一日も早い熊本・大分両県の復旧・復興の実現の為に何が出来るのか常に考えて続ける必要があるとも思っております。
また、九州以外の地方では被災地の情報や話題が少なくなっているとのことなので当ブログをごらんのみなさんには是非とも被災地へに少しでもお気持ちを寄せていただけたらと思っております。
季節柄体調には十分ご注意の上でお過ごしください。

よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by shintaromaeda | 2016-07-29 18:21 | イラストレーション・絵画 | Trackback | Comments(0)