携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 タグ:お誕生日 ( 5 ) タグの人気記事

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 祝・皇后陛下お誕生日

昨日(20日)、皇后陛下が83才のお誕生日を迎えられたことであるが
お誕生日に際してのお言葉の中で核廃絶を求めるという趣旨のお言葉があったとのことだが、これは政府に唯一の被爆国の政府として核兵器禁止条約へ加盟することを望んでおられる趣旨のことだったのではないかと思っている。安倍総理を始めとする政府関係者の皆さんと中央官庁関係者の皆さんには一日も早く条約への加盟と原発廃止に基づいて安全かつ安定したエネルギー供給の確立(両陛下は「3・11」直後に自発的に計画停電をされたいたとのことから)ヘの決断と実行をお願いしたいと思っている。

これ以上放射能の恐怖におびえないことを願ってデザインした商品はこちら(一部)
b0133911_1765625.jpg
b0133911_1784525.jpg
b0133911_1794341.jpg
b0133911_179667.jpg

あと、皇后陛下は民間ご出身の皇后第1号ということでイギリスのダイアナ元皇太子妃やモナコのグレース公妃(アルベール大公の母上、結婚前・女優時代の「グレース・ケリー」でご存知の方も多いと思われる)など海外で民間から嫁いだお妃のお手本となり、お妃が国民に敬愛されて希望をもたらし、その子息や王女へ、その国々の王室へ新たに嫁いだお妃にその精神が引き継がれている話を聞く度に、皇后陛下、さらには皇室への敬意を新たにするのである。


最後にこの場を借りて改めて申し上げるが、両陛下は「徳仁天皇陛下」以降皇位を継がれる方々のことやその他の皇族方、国民のことを心配されて皇室典範の改正を望んでおられるので、そのお気持ちに従って速やかに特例法を廃止して皇室典範を改正するように政府関係者の皆さんと中央官庁の皆さん、有識者の皆さんにお願いしたいと思っている。

皇室典範の改正を求めてデザインした商品はこちら
b0133911_20273060.jpg
b0133911_18374651.jpg
b0133911_22290642.jpg



にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]

by shintaromaeda | 2017-10-21 17:24 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂本舗デザイン商品 17.2.24(祝・皇太子殿下お誕生日)

b0133911_18374651.jpg
今回は今こそ天皇陛下が常に国家・国民を思うお気持ちに従い、皇室典範の改正を行う様に求めるべくデザインした商品。

昨日(23日)は皇太子殿下が57回目のお誕生日を迎えられたが、お誕生日に際してのお言葉の中で昨年8月に天皇陛下がお気持ちを表明されたことに対して天皇陛下の国家・国民を思うお気持ちをご理解された上で、古来から天皇は国民に寄り添ってともに歩んできたということなど天皇のお務めとはどの様なことをおっしゃっていたので、そのお言葉を聞いた時に皇室への尊敬が益々強くなったのである。
また、昨年12月9日に雅子様がご自身のお誕生日に際して熊本・大分の被災地を案じておられることをおっしゃっていたのでおそらく皇太子殿下も同じお気持ちではないかと思っていたのだが、皇太子殿下も同じお気持ちであることをお誕生日のコメントでおっしゃっていたので両陛下や皇太子御一家(おそらく敬宮愛子内親王殿下も同じお気持ちではないかと思ったため)を始めとする皇族方のお気持ちに応えるためにも改めて復旧・復興を実現させるために何か出来ることはないか、とも思ったのである。

皇室典範の件については、天皇陛下が御学友の方に「恒久的な譲位の制度を望む」という趣旨のことをおっしゃっていたことや憲法の規定で皇室に関する取り決めは皇室典範に基づくと書いてある以上は典範の改正しかないと私は思っている。その中で民進党が政府与党の「特例法」に対する対案として皇室典範改正案を準備したということを本日(24日)の朝刊で知った。その改正案の中で「皇太子が成人していること」「天皇の御意思を尊重する」という条件で御譲位が出来る様にした上で恒久的な制度として御譲位を可能にすること、退位された天皇は「上皇(太上天皇)」と御呼びすること、女帝即位と女系継承を公認した上で行為継承の安定を行うこととのことだったので、私は民進党案の方が天皇陛下のお気持ちを理解していると思ったのである(民進党案と同じ考えの方々が自民党内にもいるとのことだった)。
その理由は何度も申し上げることになるが、昨年8月に天皇陛下がおっしゃったお気持ちは「徳仁天皇陛下」の基での4人の皇孫殿下のお立場を心配されていることや天皇・皇室はなんのためにあるのかということから「徳仁天皇陛下」以降ご自身の後を継がれる方々もご自身と同じ問題をお抱えになることをご心配されている、ということから典範の改正を政府や我々国民に促すためではなかったかと思っている。そのお気持ちに従うことが国土を愛し、祖先を敬う真の「愛国」ではないかとも思っている。
御譲位後に新しい天皇の基で退位された天皇をどうお呼びするかについては天皇陛下がおっしゃった「上皇(太上天皇)」が適切だと思っている。「上皇」「法皇」の呼び名に良いイメージを持っていない方がいるのは平安時代末期から行われた院政のためではないかと思うのだが、現在は院政の時代とは全く状況が異なっていること(院政の開始は藤原氏=摂関家の力を押さえる目的があったためとのこと)や元々譲位後には上皇や法皇は一線を退くことが多かったことから(例えが悪くなるかもしれないが、企業でいう「会長」と「社長」の関係になっていたとのこと)、院政開始前に上皇・法皇がどの様に生活を送っていたのかなどを参考にした上で「上皇」の職務規定と「上皇職」の新設を行うのが適切だと思っている。
改めて申し上げるが、701年(大宝元年)に制定された「継嗣令」では女帝即位と女系継承を公認していたとのことなので性別に関わらず上のお子様が継がれる「長子相続」とした上で「徳仁天皇陛下」と「雅子皇后陛下」の基で「愛子皇太子殿下立太子」を行うこと、秋篠宮眞子内親王殿下には次期秋篠宮家御当主、同宮佳子内親王殿下・悠仁親王殿下御姉弟は新しい宮家御創設をお願いするというのも考えた方が良いのでは、とも思っている。


よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by shintaromaeda | 2017-02-24 19:44 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 祝・天皇陛下、秋篠宮佳子内親王殿下お誕生日

本日、天皇陛下が83回目のお誕生日を、27日に秋篠宮家の佳子様が22回目のお誕生日を迎えられるとのことで国民の一人としてお祝いの言葉を申し上げるとともに、御公務に励んでおられることに対してお礼を申し上げたいと思っている。

本日午前に行われたお誕生日の一般参賀で天皇陛下は先日起った新潟県糸魚川市の大火で被災された皆さんへのお見舞いの言葉を述べられたことをニュースを見た時には熊本地震後に益城町や南阿蘇など県内の被災地をご訪問された時に被災した皆さんにお声をかけられる両陛下のお姿を思い出した。常に国家国民を思うお気持ちに対してただただ頭が下がる思いがするのである。

改めて申し上げるが、8月に天皇陛下がご自身の譲位(「生前退位」という言葉は皇后陛下が雑誌や新聞の記事をごらんになった際に驚かれたとのことなので今後は使わない)に関するお気持ちの表明は国家国民のことをお考えの上で「徳仁天皇陛下」以降にご自身の後を受けて皇位を継がれる方々のことを心配されてのことと「徳仁天皇陛下」と「雅子皇后陛下」の元で皇太子が立てられないことから起る問題で4人の皇孫殿下がお辛いお立場になられることを心配されたためにおっしゃったお言葉である以上、皇室典範の改正を行って退位された天皇が新しい天皇の元でどの様なお立場になるのか、どのようにして安定した皇位継承を行うのかということを恒久的な制度としてを話し合う必要があると思っている。憲法で皇位継承など皇室に関する規定が皇室典範に基づいて行われることが明記されている以上、天皇陛下一代限りの退位を認めるという「特例法」「特錯法」を制定して行為継承に関する話し合いをしないというのは立憲体制を壊すことになると同時にかえって政治的な意図による退位(廃位)を招くことになりかねないことになり、天皇陛下の国家国民を思うお気持ちに背くことになる。それは国土を愛し、祖先を敬う「真の愛国」に反することにもなる以上最年長の皇孫殿下であり、佳子様のお姉様である眞子様が御結婚されるまでに典範改正を行うのが最善の手段だと思っている。

眞子様ご結婚までに皇室典範改正が実現するために一役買えばと思ってデザインした商品はこちら
b0133911_21141733.jpg

よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]

by shintaromaeda | 2016-12-23 19:00 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 祝・秋篠宮殿下、敬宮愛子内親王殿下、雅子妃殿下お誕生日 遅れながら祝・皇后陛下お誕生日

先月30日に秋篠宮殿下が、今月に入って1日に愛子様がお誕生日を迎えられ、9日に雅子様がお誕生日を迎えられるとのことである。
以前から秋篠宮殿下は両陛下のことをご心配されていたようなので、8月に天皇陛下からお言葉があったことにはご安心されているのではと思っている。
愛子様はご体調が優れないとのことではあるが、おそらくこの年代特有のご病気もあるのではと思っているのでもう少し待ってみてはと思っている。
雅子様についても御公務に復帰される話題が入っているので先を焦って騒ぐようなことはしない様にお願いしたいと思っている。
あと、大変遅くなってしまったがこの場を借りて皇后陛下のお誕生日をお祝いしたいと思っている。

また、私は熊本地震被災者の一人として両陛下が震災後に熊本・大分をご訪問された時のお姿を困難や苦難に遭遇した時に熊本・大分に支援をして下さった方々や71年前に焼け跡の中から立ち上がって経済大国とも言えるほどに復旧・復興を成し遂げた我々の祖先のこととともに思い出すことが多い。その時に震災に見舞われた熊本や大分、鳥取のために両陛下だけではなく皇太子御一家も秋篠宮御一家も一緒に祈っておられたのではと思っている。そのため両陛下や皇族方のお気持ちにそうためにも復旧・復興のために何か出来ることはないかとも考えている。

改めてこの場を借りて申し上げるが、天皇陛下の「お気持ち」表明は国家国民のことをお考えの上で恒久的な制度として皇室典範の改正を求めるためにおっしゃったお言葉である以上、最年長の皇孫殿下である眞子様が御結婚される前に退位された天皇が新しい天皇の元でどの様なお立場になり、どの様な御公務をされるのかはもちろんのこと、安定した行為継承を実現するために典範の改正を行うことが最善の策であると考えている。「特例法」で対処しようとするのは天皇陛下の国家国民を思うお気持ちに背くと思っているので、安倍総理を始めとして政府関係者の皆さん、有識者の皆さんと国会議員の皆さんには典範の改正を是非ともこの場を借りてお願いしたいと思っている(長い時間がかかるとは考えていないため)。
b0133911_1953478.jpg



よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by shintaromaeda | 2016-12-08 18:53 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 祝・秋篠宮悠仁親王殿下お誕生日

昨日(6日)に秋篠宮家悠仁親王殿下が10歳になられたが、逞しいご成長を見ているうちに国民の一人としてうれしく思うのである。
この場を借り、増々の悠仁様の御健康とご成長をお祈りしたいとも思うのである。

この夏は悠仁様に限らずお二人のお姉様である眞子・佳子両内親王殿下やいとこの敬宮愛子内親王殿下、それぞれの御両親様にとっては天皇陛下の生前退位(譲位)のお言葉表明によって特別な夏になったのではと思っている。
と、申すのは天皇陛下の「お気持ち」表明は今後4人の皇孫殿下とその御両親様のお立場がお辛いものにならないためにも眞子様が御結婚されるまでに「徳仁天皇陛下ご即位」後に皆様のお立場がどの様になるのかという審議を行う必要があることを促すためでもあったためでもあり、将来どうされるのかというのをそれぞれお考えになられたためだと思っている。
政府は時間がないということで「特錯法」(いわゆる「特別立法」)で天皇陛下一代限りでの生前退位を認めるということで皇位継承(皇統問題)などの問題を話し合わないとのことだが、そのことは天皇陛下のお気持ちに反することで皇室が抱える問題の解決にならないばかりか、憲法の規定で皇室の決まり事が皇室典範に準ずることを無視することで近代国家の基本である立憲政治の原則が脅かされること(現行憲法は国家元首が誰かということや国防などの問題があるがそこは並行して論議をするべきだと思っている)、これ以降かえって政治的な意図で天皇が恣意的な退位(廃位)させられる危険がある以上、皇室典範の改正を十分な論議の上で行う(偏った人選ではなく、様々な立場を持つ方々を招いて審議を行う)のが最善であり、時間がないことはないと思っている。安倍総理を始めとする安倍内閣のみなさんと国会議員のみなさん、有識者のみなさんには一日も早く新しい天皇のもとで退位された天皇の尊称や皇位継承(皇統問題)など問題を話し合うために皇室典範改正のための第3次有識者会議の招集をこの場を借りてお願いしたいと思っている。

※天皇陛下の「お言葉」直後に私が「『徳仁天皇陛下』と『雅子皇后陛下』の元での天皇陛下の尊称」と書いた文章は生前退位(譲位)が天皇陛下一代のことをお望みではないため「退位された天皇が新しい天皇のもとでの尊称」と訂正させていただいた。

天皇陛下のお言葉表明後に小林よしのり先生主催の「ゴー宣道場」Youtube版に公表された高森明勅博士の映像(14分ほどあるのでご注意)
【緊急動画】天皇陛下 譲位実現への祈り

眞子様ご結婚までに皇室典範改正の実現を願ってデザインしたデザインした商品はこちら
b0133911_20021982.jpg


よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by shintaromaeda | 2016-09-07 20:08 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)