携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 続・熊本も文学の都である

b0133911_11555167.jpg
b0133911_11555297.jpg
昨年10月と先月22日に再びそれぞれ熊本市中央区・銀座通り沿いにて。

熊本で漱石が熊本に降り立って間もない頃に夫人・鏡子さんと結婚し、さらには長女・筆子さんが生まれたことで新しい家族を得たことで環境の変化があったことや玉名市天水町の小天温泉にある前田邸で自由民権運動家であるの前田案山子の娘・卓子と出会ったことで卓子をモデルとした「那美さん」が登場する「草枕」の誕生につながったため、漱石は熊本であったプライベートでの出来事や出会いによって作品誕生の一端になっていると申しても過言ではないと思っている。
また、漱石は4年半に渡る熊本五高在任中に俳句をおよそ1000句残していて、世間ではあまり知られていないようではあるが一句一句が熊本を盛り上げる力になっていると思っている。


昨年3月上旬に当ブログを通じて小泉八雲と夏目漱石がそれぞれ熊本に残した功績と遺産についてご紹介させていただいたが、昨年漱石来熊120年・没後100年に続いて、本年漱石生誕150年ということで本年も「熊本漱石年」ということで引き続き熊本での漱石の活動が取り上げられている。
あれから4月に熊本を震災が襲った際には熊本漱石年事業もどうなるかと思われたが、熊本市中央区坪井(遊美塾の近く)にある漱石第2旧宅や玉名市天水町にある旅館などの建物が被害を受けてたりイベントのいくつかが中止・延期になったとはいえオープニングイベントを行う予定だった熊本県立劇場の姜尚中館長が熊本日航ホテルに会場を間借りする形でイベントを開催したことを始めとしてなんとか開催することが出来たので、八雲と漱石の遺産と功績は昨年NHKで放送されたドラマ「夏目漱石の妻」(大変興味深く見ていたが、漱石が家族や周囲との関わりでどのようにして名作を生んだのかを見ることが出来たと思っている)とともに震災直後からも変わらず、もしくはそれ以上に盛り上げたとともに復旧・復興にもつながっていると思っている。

平成28年熊本地震 特別報道写真集 -発生から2週間の記録-

熊本日日新聞社(編集),熊本日日新聞=(編集)/熊本日日新聞社

2016年(平成28年)4月に発生した熊本地震の被害の様子と復旧・復興への思いと取り組みを発生から二週間について取り上げた一冊。

熊本最大の地方紙である熊本日日新聞から発行された「平成28年 特別報道写真集-発生から週間の記録-」のあとがきでくまモンの生みの親の一人でもある小山薫堂さんが寄せた文章で漱石の言葉「世の中は苦にすると何でも苦になる。苦にせぬと大概のことは平気でいられる。」を紹介していた。私は今でもこの言葉も座右の銘として県民の一人として復旧・復興のために努力すべきことは努力しようと考え続けている。







よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

# by shintaromaeda | 2017-02-11 12:56 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 「1・17」二十三回忌、熊本地震から9ヶ月を迎え思うこと

[AC CM]公共広告機構 阪神淡路大震災激励1
「1・17」(阪神淡路大震災)発生直後から神戸市内を始めとする被災地の様子が伝えられ、場面の数々を見る度に言葉を失う一方で何か出来ることはないかと考えていた時にこのCMで瀬戸内寂聴さんが訴えたメッセージを聴いてその50年前に我々の祖先が終戦直後の焼け野原の中から日本の復旧・復興を目指して立ち上がったことを思い起してどんな小さなことでも行おうと思って募金を行ったことをおぼえている。以来、「3・11」などの大きな災害が起る度に国土の復旧・復興を目指して立ち上がった祖先のことを思い起こして小さなことでも可能なことを行ったことをおぼえている。私自身も被災者となった熊本地震の際は被災地住民の一人として愛する地元・熊本と大分の復旧・復興のために何か出来ることはないかと思った際に改めてこのCMのことを思い返し、祖先に習って可能なことを少しづつでも行って熊本・大分を再び元気にしようと思ったのである(その思いは今でも変わらない)。

遅い話題となってしまったが、去る14日と16日で熊本地震の余震・本震より9ヶ月、17日に「1・17」二十三回忌を迎えた。
「1・17」の際にはそれまで行われていた対策や震災発生時の対応が不十分だったことから命令系統の不備が発生して被害が大きくなったことが問題となり、その反省から防災・減災のために国内法の改正などが行なわれたことで改善されたこともあって自然災害への対策や対応がスムーズに進んだことも多かった。その一方で私もそうなのであるが熊本を始めとする九州地方では水害への対応は盛んにとられていたとはいえ、地震への対策は不十分だったのではないかと思っている。私は熊本地震発生後にそのことへに対して反省する気持ちも日増しに強くなって行ったのである(県庁や市町村役場などの行政機関でも対策の見直しを大幅に行ったとのことである)。
また、「1・17」被災地が地下鉄サリン発生後に関心が一気に薄れて行ったということも問題になったのを覚えている。今、熊本地震被災地への関心も薄れているとのことなので改めて復旧・復興が完成するその時まで熊本・大分のことを少しでも覚えていただけたらと思っている。

熊本地震発生直後から神戸市を始めとして「1・17」の被災地の皆さんからも支援や激励、アドバイスを頂いたことにも大変ありがたく思っており、そのことに応えるためにも復旧・復興を実現させたいと思っている。

b0133911_20093114.jpg
今月22日午後、遊美塾からの帰りに撮影した修復作業が進んでいる熊本城長塀。我々熊本県民の財産である熊本城が元の姿に少しづつでも戻って行っているのは嬉しいのだが、その一方で修復工事を急がずに生活の再建も充実させるべきだという意見も出ているため生活の再建と熊本城を始めとする文化財の修復をどのようにして両立させて行くかという課題の解決にも私も何か出来ることはないかと思っている。


よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

# by shintaromaeda | 2017-01-30 20:18 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂本舗デザイン商品 17.1.14

b0133911_19051219.jpg

今回は障がい者を「可哀想」「けなげで頑張っている」という一辺的に見ることでで障がい者に対する偏見を大きくしている「感動ポルノ」や自国を闇雲に賞賛して人種・民族・国籍・出自・地域・宗教によって見下して差別する「愛国ポルノ」といった様々な「〇〇ポルノ」をドラマ「渡る世間は鬼ばかり」のパロディで批判すべくデザインした商品の第4弾。

韓国国内の市民団体やアメリカ国内で一部の韓国系住民による慰安婦少女像建設やそれに伴う日本に対するヘイトスピーチなど「愛国ポルノ」に基づく運動が起っていることはどう思うのかという意見があるが、そのことを含めて歴史認識や竹島の領有権などで日本に対してことあるごとに反感を向ける「愛国ポルノ」に基づく運動が起る度に嘆かわしい気持ちになるのだが、だからといって「愛国ポルノ」で返すのは益々韓国側の反感をあおる結果となることや日本の国際的なイメージを貶めることになる以上逆効果だと思っている。慰安婦少女像の撤去と韓国国内と海外にいる日本人の安全確保を求めることを含めて歴史認識や竹島の領有権の件で日本側の要求を受け入れて欲しければ「愛国ポルノ」に基づく運動はなおさら許されないということをご理解頂けたらと思っている。
また、私が「従軍慰安婦」に関する日韓合意を一旦白紙撤回して話し合いをやり直して日韓両国が納得する結論を出すべきだと申し上げているのは旧日本軍や日本政府が女性を強制的に売春婦として徴用して接待を強要したことが事実かどうか疑わしいことを先を急いで「事実」として認定しているためでもある。このことはお国のために、みんなのために、愛する家族や恋人のために、友人のために、故郷のためにと戦った我々の祖先の名誉はもちろんのこと、我々の祖先と「大日本帝国の臣民」として共に戦ったパク・クネ大統領の父上であるパク・チョンヒ(朴正煕)元大統領を含めた朝鮮半島を始めする旧植民地の方々の名誉を損ねていることもある以上、先を急がずに双方の名誉のためにも日韓ともに満足出来る結論を出すために客観的な資料を基に話し合いをするべきだという考えからであることをもご理解頂けたらと思っている。

これまで申し上げたことの参考になればと思い小林よしのり先生主催の「ゴー宣道場・チラ見せ」の映像をご紹介させていただきたいと思っている。
ゴー宣道場・チラ見せ 第53回『慰安婦〈合意〉は正しかったのか?』
ゴー宣道場チラ見せ・第41回「憎韓・嫌中ブームの反知性主義を斬る!」

皇室典範の改正ではなく「特別立法」という形で天皇陛下一代限りという形で譲位問題をはかり、将来「徳仁天皇陛下」以降皇位をお継ぎ頂く方々や4人の皇孫殿下の行く末を心配する天皇陛下の御意思やお気持ちと国家国民を思うお気持ち、さらには立憲政治の原則を無視する政府の方針も「愛国ポルノ」ではないかと思っている。2019年(平成31年)元日に譲位による「徳仁天皇陛下」ご即位と改元が行われてその半年前に新元号が発表されるとのことだが、それまでに皇室典範の改正は出来るのではないかと思っている。701年(大宝元年)に制定された「継嗣令」では女帝即位と女系継承を認めていたとのことなので、「女帝即位・女系継承公認」を排除せずに客観的な資料や両陛下や皇族方の御意思を基に典範改正を行うのが最善ではないかと思っている。

再び高森明勅教授の映像をご紹介させていただきたいと思っている。参考になれば幸いである。
【緊急動画】天皇陛下 譲位実現への祈り

よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

# by shintaromaeda | 2017-01-14 20:10 | イラストレーション・絵画 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 「従軍慰安婦問題」で韓国駐在大使一時帰国の件で思うことと恐れていること

昨年末に韓国・プサン(釜山)市にある日本総領事館前に「従軍慰安婦」の少女像を設置したことに日本政府が抗議して本日(9日)韓国駐在大使を一時帰国させたとのことだが、私は行き過ぎた処置ではなかったかと思っている。と申すのは2012年(平成24年)8月に当時在任中だったイ・ミョンバク(李明博)前大統領が竹島に上陸した一件の際にも駐在大使を帰国させた結果元々起っていたヘイトスピーチ(憎悪表現)などのレイシズム(差別主義・排外主義)に基づく運動を激化させ、日韓関係がさらにこじれるとともに日本の国際的なイメージも損ねる事態になったためである。また今回の駐在大使帰国によって同じような事態、あるいはもっとひどい事態が起る恐れと思っている(ヘイトスピーチ規制法が制定されたのは救いではあるが、最終的には罰則付きの差別撤廃新法の制定をお願いしたいと思っている)。駐在大使の帰国は行わずに駐在大使を通じて2015年(平成27年)末に結ばれた「従軍慰安婦」に関する日韓合意を一旦白紙撤回した上でもう一度客観的資料をを基に日韓ともに納得するような結論を出すために話し合いを一からやり直すように求めるが最善の策だったのでは思っている。

何度でも申し上げるが、直接的なヘイトスピーチはもちろんのこと、SNSなどネットに聞くに耐えない、見るに耐えない文章や映像を投稿する間接的なヘイトスピーチなどレイシズムに基づく運動は帰って韓国側の反感をさらにあおるとともに日本に対する国際的な評判も貶める結果になる以上日本の国土を愛し、祖先を敬うのであれば絶対にやめていただきたいと思っている。2000年に渡って行われた日韓交流による恩恵を大切にして文化交流は政治とは切り離して続けるべきだと思っている。
また、我々熊本地震被災地の住民は震災発生時に政治の上では対立した問題を抱えた国々のみなさんからも暖かい支援を頂いたため心から感謝している。
そのためレイシズムに基づく運動には大変迷惑しているため、嘆かわしい運動を解散させて熊本・大分の被災地はもちろんのこと、その他の被災地へのご支援をお願いしたいと思っている。


差別撤廃と円満な外交問題解決、外交関係樹立に一役買えばとデザインした商品はこちら
b0133911_19255498.jpg
b0133911_19284721.jpg
b0133911_19281184.jpg
b0133911_19280764.jpg
b0133911_19270971.jpg
b0133911_19265362.jpg
b0133911_19282119.jpg
b0133911_19264143.jpg






よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

# by shintaromaeda | 2017-01-09 19:45 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(1)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 鳥(酉)に関することわざと言葉 その1

00000010_12221915.png

b0133911_20325434.jpg

本年、2017年(平成29年)は酉年ということで鳥に関することわざや言葉を当てはまる出来事とともに集めてみた。

「鶏口牛後」あるいは「鶏口となるも牛後となるなかれ」(中国大陸・戦国時代 蘇秦の言葉)
大きな組織にくっつくよりも、小さな組織の先頭になる方がよいということわざ。
近年日本政府がアメリカの軍や政府に追従して同じ日本国民である沖縄に対して一方的に負担を強いて見下している行為(特に大阪府警の機動隊員の暴言はそれを象徴する出来事だったのではと思っている)はまさに「牛後」そのものだと思っている。日本政府が日本の国家国民のために果たす役割は日本国民である沖縄県民の声に耳を傾けた上で日米両国の国民のためにアメリカの軍や政府に対して必要な協力を求めるというのが「鶏口」となる最善の策であると思っている。また、アメリカの軍や政府の行いにおかしいところがあれば堂々と異議を唱えるのが「鶏口」となる最善の手段だと思っている。

「燕雀安んぞ 鴻鵠の志を知らんや」(「史記」より 陳勝の言葉)
紀元前209年に秦王朝に反旗を翻した人物の一人である陳勝が語った言葉で「取るに足らない小さい人物に大々的な人物の気持ちはわからない」という言葉。
何度も私が当ブログで批判した「愛国ポルノ」に陥った方々には両陛下を始めとする皇族方が国家国民のために祈っておられるお気持ち、特に私の地元・熊本や大分をはじめとして「3・11」の被災地など被災した地方が一日も復旧・復興のために祈っておられるお気持ちを理解していないのでは、と思っている。
改めて「愛国ポルノ」に陥った方々に申し上げることは、日本の国を愛しているとおっしゃるのであればどこの国の方々、どの宗教の方々とも、どの地域や地方の方々ともお互いの良い所を認めて仲良くした上で両陛下各被災地の復旧・復興のためにお力を貸していただきたい、両陛下とともに祈っていただきたいということである。



よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

# by shintaromaeda | 2017-01-06 21:15 | イラストレーション・絵画 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 あけましておめでとうございます 2017

b0133911_17034690.jpg
昨年は熊本地震での被災など困難な出来事があった一方、八代市の妙見祭が世界登録されたことや西本先生の母上・西本喜美子さんが国内外で話題となるなど熊本県民としても遊美塾生としても喜ばしい出来事があった一年でした。
ご支援や声援に感謝するとともに、今年もよろしくお願いしたいと思います。

00000010_12221915.png





よろしければクリックをお願いしますにほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]

# by shintaromaeda | 2017-01-01 17:32 | イラストレーション・絵画 | Trackback | Comments(0)