携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田伸太郎 デザイナーとしての原点(2)

私のデザイナーとしての原点としてもう一つあげられるのは、母が持っていた楽譜のデザインでもある。デザインに関する用語はもちろんのこと、デザインの「デ」の字も知らなかった幼い頃、レッスン室や当時母が所属する音楽教室のレッスンで使用していた大谷楽器センター店(現・産交本社事務所)に置いてあった楽譜を見て面白いと思っていた。その時の記憶も今の私のデザイン作業を助けているのでは、と思っている。

大谷楽器センター店があったセンターボウルビル。センター店には大ホールもあり、母の音楽教室の発表会もよくここで行われた。
b0133911_1858413.jpg


私が当時見ていた楽譜『Piano&Electone Grade 7』(ヤマハ音楽振興協会出版)=楽譜そのものが残っているかわからない上に楽譜のタイトルはうろ覚えなので間違いがあればご指摘のほど=に掲載されていた曲(曲のタイトルはなぜか覚えている)

Bitter Sweet Samba

ガロ『学生街の喫茶店』

松崎しげるさん『愛のメモリー』


にほんブログ村 写真ブログへこのブログをよろしく
[PR]

# by shintaromaeda | 2008-12-16 19:15 | デザイン・写真を語る | Trackback | Comments(1)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 詩×写真のコラボレート 08.12.15

b0133911_16563496.jpg


私とアントニオ猪木さんとの詩の出会いは、宇城市立不知火図書館に行った時に詩の書籍を取り扱うコーナーで『猪木詩集』という本を見かけて借りたのがきっかけだった。そこには有名人の余興ではない、猪木さんの人生の重みを感じさせる、さらにいえば心の叫びとも言える数々の詩が綴られていた。

にほんブログ村 写真ブログへこのブログをよろしく
[PR]

# by shintaromaeda | 2008-12-15 17:19 | 写真加工デザイン | Trackback | Comments(1)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 遊美塾Mac中上級講座リポート 08.12.11

この回の講習もIllastratorとPhotoshopを使ってちょっとした効果でインパクトのあるデザインを作る講習であった。

この回の講習で習ったことを元に製作した今年のクリスマスカード。みなさんに一足早くメリークリスマスということで。
b0133911_2353636.jpg


にほんブログ村 写真ブログへこのブログをよろしく
[PR]

# by shintaromaeda | 2008-12-12 23:54 | 遊美塾 | Trackback | Comments(4)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 本格的な冬の訪れ

b0133911_18101425.jpg
去る7日朝、遊美塾に向かう途中私の自宅(宇城市松橋町)の近くにある稲刈りの終わった水田に出来た水たまりにはった氷。こうやって張っている氷を見ていると季節は冬になっていることを実感させられる。

にほんブログ村 写真ブログへこのブログをよろしく
[PR]

# by shintaromaeda | 2008-12-12 18:13 | Trackback | Comments(1)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 再会

去る11月24日、私の自宅の近所であるウィングまつばせ(宇城市立松橋文化会館)で古本市があり、思いがけない本との再会を果たした.
b0133911_1961379.jpg

この本は元々平成改元の頃に昭和史を振り返るという意味で当時私が通っていた下益城郡松橋町立(現・宇城市立)松橋中学校の図書室に入っていた一冊.時期的に昭和を振り返る企画がテレビや雑誌・新聞などで多くあったので私も昭和史に関心を持ち、この本を図書室でよく読んでいた.平成改元から20年になるのを前にこの本との再会を果たし、手に入れられたのはある意味奇遇と言っていいと思っている.


にほんブログ村 写真ブログへこのブログをよろしく
[PR]

# by shintaromaeda | 2008-12-11 19:18 | デザイン・写真を語る | Trackback | Comments(2)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 遊美塾写真B講座リポート 08.12.7

講習が始まる前の和気あいあいの様子
b0133911_236559.jpg


この日は前回の熊本城での講習の写真のコンテストから始まった。
グランプリの写真の後は、写真を撮るにあたって何が大切かと言うレクチャーがあり、その中で「何のために撮るのか」と言うことと「普通であることをしないために遊び心と反逆心が必要」ということ、普通にやっていても普通にしか見えないことが教えられた。このレクチャーを聞いているうちに思い出したことがある。それはいつも時代を切り開いてきた芸術家はそれまでの既成の概念を撃ち破って新しい芸術を生み出したということである。今は大きなことが言える立場でないかも知れない私もいつかはそういう芸術家になりたいと思っている。




にほんブログ村 写真ブログへこのブログをよろしく
[PR]

# by shintaromaeda | 2008-12-10 23:22 | 遊美塾 | Trackback | Comments(1)