携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 <   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂本舗デザイン商品 15.7.30

b0133911_1735359.jpg

今回は幕末において日本近代化の礎となった「学校」と言える松下村塾で教えを説き、久坂玄瑞や高杉晋作、木戸孝允(旧名・桂小五郎)や伊藤博文(旧名・俊輔)等の維新功労者を輩出した最大級の「教師」である吉田松陰の「草の根の住民(普通の人々)が立ち上がる」という意味の言葉「草莽崛起(そうもうくっき)」をデザインした商品。

松下村塾や松陰が生まれ育って妹の文(美和)を始めとする家族や門下生たちとともに過ごした萩の町並みが世界文化遺産認定されたことは万田坑や三角西港の文化遺産認定とともに国民の一人として大変嬉しく思っている。このことが松陰や門下生の思いが国内外ヘさらに語り継がれることになればとも思っている。

また、私は「草莽崛起」の言葉は今日本に必要なことではないかという思いも抱いているのである。
「原発を全廃し自然再生エネルギーへの転換を図って安全かつ安定したなエネルギー供給を目指すために」「ヘイトスピーチなどの差別を根絶しどこの国の人々とも仲良く暮らせるために」「男性と女性が仲良く暮らせるために」「学校を人生で大切なことを教えかつ生徒たちが行きたいと思える場所に戻すために」「職場での不当な扱いをなくすために」「北朝鮮・金王朝に拉致された人々が一日も早く家族の元へ帰れるように」「周辺諸国との関係が改善出来るように」「新・東京五輪が後に悔いを残さないように開催出来るために」などなど世の中をよくするために一人一人がそれぞれの立場で可能な範囲で力を合わせる必要があるのではと常に考えている。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2015-07-30 18:11 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂本舗 デザイン商品 15.7.24

b0133911_22114320.jpg

今回は幕末に松下村塾で吉田松陰の指導を受け、師の松陰や同門の久坂玄瑞亡き後に松下村塾門下生のまとめ役として身分を問わない奇兵隊結成などでその後の明治維新へとつながる策を打ち出した高杉晋作の言葉「面白くなきこともなき世を面白く」をデザインした商品。

私は個人的に「面白きこともなき世を〜」の言葉には「面白くないと思うことがあれば面白くするように努力する」という意味と「世の中を面白いと思うのも面白くないと思うのも考え方(あるいは心)次第」という意味があるのでは、と思っている。そのような高杉のモチベーションが奇兵隊結成や開国・倒幕へとシフトして欧米諸国から技術を受け入れて力を付けるなどして困難な状況を打ち破り、彼が若くして亡き後も彼に続いた若い松下村塾生(桂小五郎改め木戸孝允を始めとして伊藤俊輔改め博文など)と彼ら同様開国・倒幕にシフトした薩摩の有力者(西郷隆盛や大久保利通など)によって明治維新が実現し、近代国家へと日本が生まれ変わるきっかけになったのではと思っている。

大河ドラマ「花燃ゆ」では夫・久坂玄瑞を失った文改め美和が奥女中として働くことで再スタートを切るとこが描かれていたが、高杉たちの活躍とどう関わっていくのかも関心があるところだと思っている。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2015-07-24 22:34 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂本舗デザイン商品 15.7.17

b0133911_22332151.jpg

今回は先月22日に日韓国交正常化から50年を迎えたことを祝うべくデザインした商品。

近年、日韓の関係がこじれた原因の一つは両国の政府や国民がそれぞれお互いの悪いところばかりしか見ていないことも原因ではないかと思っている。まずは日本に対する反感と不信を消したければ自分がされて嫌なことは人にも決してしないということをわきまえて相手を思いやり、礼儀正しくした上で相手のいいところは誉めて反論するべきことは反論し、お互いに共感することと同意出来ることは大切にすることを重視する必要があると思っている。そのためにもヘイトスピーチ(憎悪表現)を始めとしてレイシズム(差別主義・排外主義)に基づく運動に対しては解散を命じるように出来るように国内法の改正を急ぐべきであるとも思っている。
奇しくも国交回復50年を迎えた先月位から韓国政府が文化遺産認定への反対を取り下げたこと、さらに今月に入って盗まれた対馬の仏像の返還が決まったことは50年前に日韓関係の修復のきっかけが生まれたこと同様に関係改善のきっかけになり、さらには元の親しい関係に戻るきっかけになるのではと思っている。

また2000年に渡って継続し、両国に恩恵をもたらした文化交流を大切にするべきであるとも思っている。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2015-07-17 22:56 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 「7・12」より3年、改めて思うこと

少々遅い話題となって恐縮ではあるが、去る12日で私の地元・熊本県を含む北部九州に大きな被害を及ぼした九州北部大水害から3年を迎えた。
白川沿岸や阿蘇地域など被害を受けた各地では復興が急ピッチで進んだこともあり、水害の被害が嘘だったかのようににぎわいを取り戻したことは大変嬉しく思うとともに防災について常に考えて行く必要も実感するのである。

先月11日午前に私の地元・熊本県宇城市を襲った大雨で池同然となった自宅の庭。我が家は高台にあって川からも山からも遠く離れていたために自宅で待機していたが、この時にも庭の様子とともにテレビのニュースで伝わる様子を見た時に「7・12」の悪夢が頭をよぎったのである。
b0133911_2253572.jpg

b0133911_2254994.jpg


ちなみに熊本市中心街も1953年(昭和28年)6月26日に起った「6・26水害」で大きな被害を受けていて、その被害を伝えるとともに災害に対する教訓として下通にこのような標識が取り付けられている(ちなみにこちらは観光客向けに作られた中国語の標識)
b0133911_2258262.jpg


また、奇しくも今月12日の深夜には私の地元・宇城市でも地震(震源は大分県)があった時には防災への取り組みが常に必要とされていることを改めて痛感したのである。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2015-07-16 23:02 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 少々遅くなっても星に願いを…

少々遅い話題になって恐縮ではあるが、今年もたなばたの日が訪れて様々な願い事を星に託した方も多くおられるのではと思っている。

七夕を前に我々熊本県民の願いだった万田坑と三角西港の世界文化遺産登録が叶ったことは日本の近代化に尽くした先人の功績と多くの人々の登録に向けた努力に対して星が願いを叶えてくれたためでもあるのでは、とも思っている。
こちらは7日午後、熊本市中央区手取本町の鶴屋本館の正面。
b0133911_16502776.jpg


こちらは私が毎年七夕が訪れる度に思い出すJanne Da Arc(ジャンヌダルク)の「Stare」。「星に願いを〜」というフレーズが多くの人々の願いを表しているようでもある。(今回は通常版とアコースティック版で)
Janne Da Arc SINGLES2 【Stare】 (MP)
Janne Da Arc you Stare

では、当ブログをお読みの皆さんの願いが叶うことを祈ります。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく七夕、私の願いごと&七夕らしい一枚!
[PR]

by shintaromaeda | 2015-07-11 16:56 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 祝・万田坑と三角西港世界文化遺産登録決定

昨夜、我々熊本県民の悲願だった万田坑と三角西港の文化遺産が登録されたという一報を聞いた時には、文化遺産登録のための会議の際に韓国側との交渉が難航したこともあって登録が危ぶまれてどうなってしまうのかと思ったので安心とともに喜びがこみ上げてきたのである。熊本県民の一人として熊本県内にある歴史の証人であり文化を伝える万田坑と三角西港を通じて歴史の学習に貢献出来ることと更なる観光の振興が進むことを切に望んでいる。
百済の歴史地区も文化遺産に登録されたとのことで、日韓同時に世界文化遺産の登録が実現したことが更なる日韓交流と両国の観光の振興につながればよいと考えている。
また、「強制徴用」に関する問題については客観的な事実をもとにして両国にしこりがない様に解決を図るようにするのが望ましいと思っている。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2015-07-06 18:40 | その他 | Trackback | Comments(0)