携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 <   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 イラク戦争から10年、今語り継がれるべき貴重な「財産」を守った勇気ある女性の話

ニュース・評論
b0133911_22214639.jpg

本日でイラク戦争開戦より10年になるが、私は戦争当時にバグダット市立図書館の職員を務める女性が図書館の蔵書を安全な場所まで避難させたおかげでバグダット市民が財産である様々な本を読むことに寄って知識を深めたり共有出来る様になったという話が取り上げられていた一冊の本を思い出した。
その本は

3万冊の本を救ったアリーヤさんの大作戦

マーク・アラン スタマティー / 国書刊行会

「3万冊の本を救ったアリーヤさんの大作戦」というのだが、皆が戦火の中で生命の危険にさらされて正常な判断が出来なくなってしまってもおかしくない中で図書館員のアリーヤさんが自らの身の危険を顧みずに親しい人々とともに図書館の本一札一冊が市民の貴重な財産であることを認識して自宅など安全な場所へ避難させた行為は大変頭が下がる思いがしたのである。アリーヤさんのおかげで10年経った今でもバグダット市民は財産ともいえる本に親しむことが出来るのである。

余談ではあるが、イラク戦争開戦当時平和な世界の実現を求めて様々な場所で歌われた「世界に一つだけの花」。私にとっては年数が経つごとに歌詞の意味を重く噛み締めることが多い一曲であった(御諸兄の中にも同じ様にお考えの方がいらっしゃると思う)。そして開戦から10年となった今改めて思い起こしている。

様々な「世界に一つだけの花」






にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2013-03-20 22:54 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 「3・11」三回忌、改めて思うことは…

3.11に思うこと&被災地の方々への応援メッセージ!
去る11日に東日本大震災と福島原発事故の発生から2年となるが、あの日震災の一報を熊本市内の100円ショップの館内放送で聴いて我が耳を疑ったが近くスーパーのテレビで震災が確かであったこと、夜帰宅する途中に津波警報によって電車が全て運休してしまい深夜12時近くになって運行出来た列車で帰宅出来たこと、その後無惨にもがれきの山と化した被災地各区値の光景がテレビなどで次々と伝えられたこと、原発事故によって原発の安全神話が誤りであったことと住み慣れた故郷を追われた付近住民の人々の悲しみと嘆き…、私はあの日遭遇した光景や抱いた思いがつい昨日の出来事の様に思い出されることがよくある。
また、未だに被災した人々の中には未だに仮設住宅で生活を送る人や仕事が見つからない人が多くいることやがれきの処理が思う様に進まないこと、被災地の産業がまだ十分に回復していないこと、除染で排出された物質の保管場所の問題が未だに解決していないことなど放射能が生み出した様々な問題が未だに解決していないこと矢原発に変わるエネルギーをどうするかなど様々な課題が横たわっている以上、それらの問題が解決しない限りは我々は力を合わせてありとあらゆる復興へ向けて引き続き支援をする必要になると思っている。

震災・原発事故以後復活させるべきということでYoutubeに上げられていたTVCM。私の記憶の限りでは1995年頃に「なるほど・ザ・ワールド」などで放送されたCMだったと思う。

「人間も自然の一部である」という認識を持つ様に訴える内容は大変ごもっともであると思っている。新しいエネルギー(電力)政策や被災地復興、防災・減災もその認識の元に進めることが要求されると改めて思うのである。

震災・原発事故から間もない頃にフランスのテレビ局・F2で放送された被災地から復興を目指すニュース。パニックを起こさずに例説を守って行動していることを賞賛していると同時に復興を目指す人々を取り上げている。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2013-03-13 17:27 | 映像 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂本舗デザイン商品【被災地復興支援】13.3.9

3.11に思うこと&被災地の方々への応援メッセージ!
b0133911_203431100.jpg

来る11日東日本大震災と福島原発事故から2年(三回忌)になるのを前に、防災・減災のための対策も安心かつ安定した電力供給も「人間も自然の一部である」という認識の元に行うことを訴えるべくデザインした商品。
最近では地質調査や歴史資料(文献)に基づく調査と防災・減災対策が行われているとのことだが、自然のメカニズムを知った上で災害に備えるためには大変有効な手段ではないかと思ている。
発電についても自然のメカニズムを知った上で有効に電力を確保する方法を模索するのが望ましいと考えていたので、最近海洋発電や太陽電池の更なる普及は原発に頼らなくても有効に電力を確保出来るのではと思っている。そういう中で安倍総理が原発再稼働の方針を打ち出したことは大変残念に思っている。安倍総理は私を始め原発解消を望む人々がヒステリーを起こしている様に考えてようだが、私もそうだが大半の人々は原発解消を望むのは決してヒステリーではなく、今まで「安全、安全」と宣伝していたのが事故を起こして罪もない付近住民に多大な危害をもたらしたことそのものが原発の安全性が保証出来ないことの照明になっているためである。安倍総理には日本の国家国民のためにも再稼働の方針を完全に撤回していただきたいと思っている。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2013-03-09 20:47 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)