携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 <   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂本舗デザイン商品 11.2.25

b0133911_18511851.jpg

今回は坂本龍馬と中岡慎太郎が凶刃に倒れることなく生きながらえていたとしたならばどうなってたかを後輩ともいえる後に自由民権運動でおなじみとなる板垣退助(土佐国=現・高知県出身)が語った言葉をもとにデザインした商品。
この言葉については私もその通りと思っている。龍馬と中岡がもし生きながらえていたとしたならば彼らが日本国内はもちろんのこと、世界各国で活躍していたのではないかと考えている。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2011-02-25 18:56 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 世界最高齢(推定)のデザイナーの個展開催される その後

去る2月6日、西本先生の母上・西本喜美子さんの展覧会の打ち上げが日本海庄や(熊本市西銀座通り)で行われ、私もお邪魔することとなった。
b0133911_17172749.jpg

b0133911_17182889.jpg

b0133911_17181559.jpg

b0133911_17184926.jpg


ちなみに展示の役目を終えた作品は遊美塾のMacルームに収納された(2月6日午後5時頃撮影)
b0133911_1716433.jpg


今回行われた個展と本日(2月20日)に行われた写真B講座を合わせて西本喜美子さんの特集が2月24日(木)午後6時20分からKAB(熊本朝日放送)のニューストレインのコーナーで放送されるので放送が移る地域の方はよろしければ是非ともご覧いただきたい。

参考がてらにKABのHP
KAB(熊本朝日放送)HP

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2011-02-20 17:28 | その他展示会諸々 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂本舗デザイン商品 11.2.20

b0133911_16373167.jpg

今回は暴行事件や野球賭博、八百長といった相撲界にはびこる問題を一刻も早く解決されることを願ってデザインした商品。
私が特に思うのは八百長の再発防止に関しては幕下力士にも少なくとも月20万円は支払って最低限の収入を保証するのがよいということ、暴行事件や野球賭博の再発防止には親方と力士たちの信頼関係の確立と力士同士のコミュニケーションが大切であると思っている。
そのためにはまず相撲界を立て直すために皆が一眼となることが先決である。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2011-02-20 16:44 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂本舗デザイン商品 11.2.16

b0133911_1847474.jpg

日本の国技である相撲が危機的状況にあり、国民的論議に基づく改革はもはや「待ったなし」であることを訴えるためにデザインした商品。

そもそも相撲は単なる格闘技やエンターテイメントではなく神道の行事から派生したものである。(例えば『横綱』という言葉は神社の御神木に張る綱が語源)
このまま相撲が消滅という事態になれば神々と祖先に申し訳ないという気持ちでいっぱいである。

参考がてらにこちらの映像をどうぞ
大山祇神社抜穂祭 一人相撲二番・三番勝負

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2011-02-16 18:54 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 こぴっく

最近コピックに興味を持つようになったところ妹が使っていたものを譲り受けたのでそれで描き始め、さらに自分で色を買い足すようになった。
b0133911_1645291.jpg

コピックは乾くのが早いので短時間で仕上げるイラストにはもってこいの画材という話があったが、まさにその通りであった。

ちなみに2月2日当ブログ掲載文のイラストはケント紙ボードにコピックで描いたものである。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2011-02-06 16:50 | 写真 | Trackback | Comments(2)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 世界最高齢(推定)のデザイナーの個展開催される

b0133911_16273264.jpg

b0133911_16275022.jpg

b0133911_162891.jpg

b0133911_16282475.jpg

b0133911_1628504.jpg

b0133911_1629510.jpg

b0133911_16292659.jpg

おそらく、熊本県立美術館分館で開催されていた世界最高齢となるデザイナーであろう遊美塾・西本和民先生の母上、西本喜美子さん(現役遊美塾生、御年82才)の個展に先ほど行ってきた。
西本喜美子さんは専業主婦を長いことやってきたのだが、1999年に長男・和民先生や周囲の人々の誘いで遊美塾の門を叩き、現在でも精力的にデザインと写真の世界で楽しみながら活躍しているのである。その表現の世界は私もいつも圧倒されるものばかりである。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2011-02-06 16:42 | その他展示会諸々 | Trackback | Comments(2)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 うさぎ(兎/卯)が登場する物語

b0133911_19185380.jpg

今回は今年の干支であるうさぎ(兎/卯)にちなんだ話をもう一つということで兎が登場する物語(神話、童話など)をご紹介したいと思っている。

『因幡の白ウサギ』
日本神話から。サメの群れに飛び乗って遊んでいた白い兎がサメに襲われてけがをするが、大国主命(大国の主)に助けられるという話。
『因幡の白ウサギ』

『うさぎとかめ』
イソップ童話から。かけっこをしていたうさぎが龜がのろのろと走っているのを見て楽勝だと感じたうさぎが居眠りをしている好きに龜がゴールしていたという話。
『うさぎとかめ』

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2011-02-02 19:31 | その他 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 うさぎ(兎/卯)に関することわざ

b0133911_1911506.jpg

もう2月に入っておとそ気分もすっかり抜けたという方もいらっしゃっるとは思うのだが、今年の干支であるうさぎ(兎/卯)に関することわざを見つけたので御紹介したいと思う。

『二兎追うものは一兎も得ず』
複数のことを追い求めようとすると、結果として一つのこともいい結果を出せないという意味。

『脱兎(だっと)の勢い』
速い速度で逃げ出すうさぎの様にものすごい早さで駆け抜ける様子を例えた言葉。

『うさぎに祭文』
うさぎに神主のお祈りの言葉を聞かせても何も効果がない様子のことをさす。『馬の耳に念仏』『猫に小判』『豚に真珠』と同じ意味。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2011-02-02 19:18 | その他 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂本舗デザイン商品 11.2.2

b0133911_18511772.jpg

b0133911_185156100.jpg

今回は"KING OF POP"マイケル・ジャクソンが喜劇王チャールズ・チャップリンの"Smile"を好んで聴き、自身でもカバーしたことにちなんでデザインした商品の第8弾と第9弾。

マイケルがヒップポップミュージシャンのAkon(エーコン)とデュエットした"Hold my hand"。
クリップを初めて聴いた時にはマイケルが多くの人々に愛されていたことを改めて実感した。
Michael Jackson - Hold My Hand Duet With Akon ft. Akon


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2011-02-02 19:02 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)