携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 カテゴリ:写真( 123 )

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 熊本地震から1年半、改めて思うことと新たに思うこと

14日と昨日(16日)で熊本を襲った震災より1年半となるが、震災が嘘だったかのように元通りになった場所や新たにたくましく生まれ変わった建物が多くなった一方でまだまだ大なり小なり傷跡が残る場所も見かけるのでまだまだ復旧・復興は道半ばであることを思い知らされるのである。

今月5日と12日、熊本市中央区桜町から辛島町にかけて。
b0133911_19482741.jpg
b0133911_19485301.jpg




また、復旧・復興のために新たな取り組みや呼びかけも見かけるので私も何か出来ることはないかということも考えている。


先月6日と28日、熊本市中心街一帯にて。
b0133911_19491522.jpg
b0133911_19483995.jpg




にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by shintaromaeda | 2017-10-17 19:55 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 くまもと秋の草花2017(2)

9月28日、熊本市中央区九品寺から代継橋にて。
b0133911_19265552.jpg
b0133911_19265528.jpg
b0133911_19265571.jpg



今月1日、JR松橋駅から熊本市中央区坪井にて。
b0133911_19285716.jpg
b0133911_19285798.jpg
b0133911_19285775.jpg
b0133911_19285865.jpg
b0133911_19285814.jpg


7日、宇城市松橋町から不知火町にかけて。
b0133911_19301460.jpg
b0133911_19301586.jpg



12日、熊本市中央区本荘から千葉城町にかけて。
b0133911_19323976.jpg
b0133911_19322458.jpg
b0133911_19322471.jpg
b0133911_19330381.jpg
b0133911_19322353.jpg


昨日(16日)、宇城市松橋町にて。
b0133911_19350466.jpg
















にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by shintaromaeda | 2017-10-17 19:35 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 くまもと秋の草花2017(1)

9月に入ってからこの頃までまで熊本でも真夏を思わせる様な熱くなった日もあるなど気温も気候もが安定しない日が続く中(気温についてはやっと秋らしくなったようである)、様々な草花表情を見せていた。


9月8日、熊本市中央区九品寺にて。
b0133911_19181041.jpg





同月14日、同区桜町にて。
b0133911_19254455.jpg
b0133911_19254440.jpg
b0133911_19254452.jpg

同月20日、同区坪井町にて
b0133911_19194551.jpg

同月24日、JR松橋駅にて。
b0133911_19210685.jpg

同日、JR熊本駅前にて
b0133911_19212922.jpg

同日、熊本市中央区京町から出水にて
b0133911_19232374.jpg
b0133911_19232375.jpg
b0133911_19232360.jpg
b0133911_19232492.jpg












にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by shintaromaeda | 2017-10-17 19:24 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 英・ダイアナ元皇太子妃とマザー・テレサ没後20年を迎えて思うこと

b0133911_19251513.jpg
今月、マザー・テレサ没後20年に際して宇城市立不知火図書館から借りてきたマザー・テレサ関連の本。手前の児童向けマンガは何回か借りたことがあるのだが、改めてマザーテレサが生涯をかけて行った事業を通じてのメッセージを実感したのである。


先月31日にイギリスのダイアナ元皇太子妃が、今月5日にマザー・テレさが天へ旅立って20年を迎えた。
ダイアナ元皇太子妃の最大の功績として地雷廃絶への歩みを加速させたり障がい者や難民に関する問題の解決の一助になるなどの慈善事業の数々であり、様々な心ないバッシングや王室のスキャンダルに悩まされながらもその事業は世界中に希望をもたらしたのは否定出来ないと思っている。その事業は元皇太子妃の王子であるウィリアム・ヘンリー両王子に、さらにはウィリアム王子に嫁いだキャサリン妃に、そしてウィリアム王子とキャサリン妃の王子と王女、すなわち元皇太子妃の孫に当たるジョージ王子、シャーロット王女、来年2月に生まれる第3子に引き継がれて行くのではとも思っている。
その慈善事業のお手本とした一つに、マザー・テレサが生涯をかけて「貧しい人々の中でも最も貧しい人々への奉仕」のコンセプトでインド・カルカッタのスラム街などで行った見返りを求めない深い愛情と思いやりの心に基づいた活動の数々がある。

マザーの活動については大変長くなるのでこちらを参考に
マザー・テレサ(Wekipedia)

その活動を通じて多くの人々に愛と希望をもたらしたことはもちろんのこと、世界各国に終末医療や福祉事業に大きな影響をもたらしたのではと思っている。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by shintaromaeda | 2017-09-30 20:30 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 防災の日2017について思うこと

b0133911_18184065.jpg
先月6日午後、熊本市中央区手取本町にある鶴屋百貨店本館の耐震補強工事。2002年(平成14年)に行われた補強工事の際に耐震のための工事も行っていたとのことだが、熊本地震で被害を受けて1ヶ月以上休業を余儀なくされたこともあり、新たに行うこととなった。


少々遅い話題となったが、今月1日の防災の日では私の地元・熊本県でも県内のラジオ曲数曲が共同で放送を行ったり各地で防災訓練が行われるなど防災と復旧・復興のためのイベントが行われた。
改めて自然災害はいつ、どこで、どのようにして起るか分からない以上どの様に対処するかというのを常に考えておく必要があると思ったのである。それと同時に地元・熊本を襲った震災でどのようなことが起ったのか、どの様なことを経験したのかを防災のためにも伝えて行く必要があるとも思ったのである。


b0133911_18183993.jpg
b0133911_18164160.jpg
先月10日に熊本市中央区本荘にて、20日に同市中央区京町の熊本地裁の土台部分を撮影した写真。
未だに残る震災の傷跡を見る度に復旧・復興はまだ道半ばであることを思い知らされるのである。
それと同時に「3・11」の被災地や福岡・大分の豪雨被災地の皆さんとも力を合わせてそれぞれの被災地の復旧・復興を目指すことを忘れてはならないとも思っている。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by shintaromaeda | 2017-09-05 19:08 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 くまもと晩夏〜初秋の花と木2017

すでに9月に入っての更新となったが、8月も終わりに近づくにつれて季節の移り変わりを伝えるように花や木が様々な彩りを見せていた。



16日夕刻、熊本市中央区坪井の公園にて。
b0133911_18162905.jpg


20日午後、熊本市中央区千葉城町の熊本家庭裁判所付近にて。
b0133911_18164154.jpg




23日午後、熊本市中央区京町にて。
b0133911_18162167.jpg





にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by shintaromaeda | 2017-09-05 18:32 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 残暑お見舞い申し上げます2017


b0133911_17415588.jpg
2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真

この夏は今月5日に宇城市松橋町の松橋ふるさと復興祭りで2年ぶりとなる花火の打ち上げが行われるなど(昨年は震災のため打ち上げ花火を設置している土手が崩れていたため)、少しづつではありますが熊本も完全な復旧・復興へと向かっています。私は地元・熊本のために、未だ復旧・復興さなかの「3・11」被災地や福岡・大分の豪雨被災地の完全な復旧・復興のために何が出来るのかを常に考えて、力を合わせて課題に取り組むことを心がけようと思っています。
まだまだ暑い日が続くと思いますが、体調にはくれぐれもご注意の上でお過ごしください。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by shintaromaeda | 2017-08-25 17:50 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 続・広島と長崎を襲った悲劇より72年を迎え、率直に思うこと

b0133911_18494494.jpg
先月末に宇城市立不知火図書館で借りてきた中沢啓治さんの「はだしのゲン 自伝」。1994年(平成6年)に被爆50年を翌年に控えて中沢さんが生い立ちを通じて体験してきたことやそれに対して思ってきたことが綴られている。「昭和天皇の戦争責任」を始めとして皇室や自衛隊に対して誤解をしていることなどはさすがに受け入れられなかったが、故郷・広島に対する思い(私が震災後に地元・熊本に抱いた思いと相通じるところがあった)やご家族に対する思い、核廃絶、さらには原発廃止を願う気持ちなどは受け入れられることが多かったので、その他中沢さんが描いたエッセイや「はだしのゲン」関連の本、小林よしのり先生の「戦争論」シリーズや「天皇論」シリーズと合わせて読んでみてはいかがかと思っている。

はだしのゲン自伝

中沢 啓治/教育史料出版会




「はだしのゲン」を読む

田口 ランディ /河出書房新社



はだしのゲン わたしの遺書

中沢 啓治 /朝日学生新聞社




「はだしのゲン」創作の真実

大村 克巳 /中央公論新社


新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

小林 よしのり /幻冬舎


新ゴーマニズム宣言SPECIAL戦争論 (2)

小林 よしのり /幻冬舎


新ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論〈3〉

小林 よしのり /幻冬舎


ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論

小林 よしのり /小学館

皇室は何のために存在するのかという問いに答えるべく執筆された一冊。

スコア:

ゴーマニズム宣言SPECIAL 新天皇論

小林 よしのり /小学館

さらに皇室に関する疑問に答えると同時に皇統断絶の危機に対して提案がされている一冊。

スコア:

ゴーマニズム宣言SPECIAL 昭和天皇論

小林 よしのり /幻冬舎

これまで大東亜戦争(太平洋戦争)の「戦争責任」論から否定的な見方がされ続けた昭和天皇の業績を再評価し、「戦争責任」論の間違いを訴えた一冊。「天皇論」「新天皇論」の続編であると同時に「戦争論」シリーズの続編の一面もある。

スコア:


9日に行われた長崎市平和式典の際も政府が核兵器禁止条約に批准しなかったことに対して長崎市長のスピーチで批判があり、後に安倍総理と被爆者団体の皆さんとの面談があり、その席で政府が条約に批准しなかったことについて「総理、あなたはどこの国の総理なのですか?」という問いかけがあったがそういう批判や問いかけが来るのは無理もないことである。

政府が核兵器禁止条約に批准しなかったことと最近相次いでいる原発再稼働の容認は根が同じ所にあるのでは、とも思ったのである。
放射性物質が人々を不幸にすることが明白である以上、この地上いかなる場所でも放射能の恐怖におびえることがないように安倍総理を始めとする政府関係者の皆さん、国会議員の皆さん、官公庁の皆さんには被爆国、原発事故が起きた国の行政・立法・官公庁の一員として核廃絶のためにも条約へ批准を、さらには原発廃止と自然再生エネルギーへの転換を目指す政策の実現をお願いしたいと思っている。

最後にタンゴ歌手・冴木杏奈さんが歌う「広島のためのタンゴ」。広島県内の風景をバックに核廃絶と平和を願う気持ちとともに焼け跡とガレキの中から広島県民の皆さんが立ち上がったことに敬意を表している。
冴木杏奈 Anna Saeki  MV「広島のためのタンゴ Tango para Hiroshima」




にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by shintaromaeda | 2017-08-17 19:57 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 広島・長崎を襲った悲劇より72年を迎え、率直に思うこと

b0133911_15484527.jpg
6日午後、熊本市役所にて原爆で亡くなった方々を追悼するためと核廃絶を願って掲げられた半旗。

6日と明日(9日)で広島と長崎がそれぞれ悲劇に襲われてから72年となるが、今年の広島平和式典で日本が国連で締結された核兵器禁止条約に参加しなかったことについて政府に対して怒りの声が上がったことは無理もないことだと思ったのである。本来、唯一の被爆国である日本の政府にはたとえ「核の傘」の下に入っている状態であっても条約締結の旗ふり役となって核保有国に条約参加を呼びかける役割があったはずなのだが、それを果たさなかったということは広島と長崎でなくなった方々や今でも原爆症で苦しんでいる方々、広島と長崎に広がった惨状を目にした方々、さらには世界各国の核実験で被爆した方々に対して申し訳ないことをしたのではと思っている。
また、条約に参加した方が北朝鮮・金王朝による核開発をやめさせて朝鮮半島の非核化を実現する第一歩になるのでは、と思ったのである。

安倍総理を始めとして政府関係者の皆さんと国会議員の皆さん、官公庁の皆さんには条約への参加を検討していただきたいと思っている。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by shintaromaeda | 2017-08-08 16:27 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 「生きる」「命」について考えるきっかけを作った方々に感謝し、ご冥福をお祈りする

今月は聖路加国際病院の名誉院長を務めた日野原重明先生と「ドラえもん」大山のぶ代さんのご主人で初代たいそうのおにいさんとして知られている砂川啓介さんの訃報も伝えられた。それぞれの訃報を聞いた時には日野原先生と砂川さんから「生きる」「命」について考えるきっかけを作っていただいたのではということを思い起こした。日野原先生は1995年(平成7年)3月に地下鉄サリン事件があった時に病院を開放して被害を受けた人々を受け入れて治療に当たったことで「生命」を守る危機管理の発展に尽くしたことを始めとして様々な慈善事業やボランティア、著書から「生きる」「命」について語りかけたのは知っていたのだが、訃報を受けての報道で1970年(昭和45年)に発生したよど号ハイジャック事件で人質になってしまった時に救助された時の恩を忘れずに「困ったときはお互い様」いうことで災害被災地などへの慈善事業やボランティアも行う様になったことを知った。その記事を読んだ時に私も改めて熊本地震被災時に助けていただいたことを忘れずに恩返しが出来る様になりたいと思ったのである(福岡や大分の豪雨水害の被災地の復旧・復興のために何か出来ることはないかと思い、募金など少しでも出来ることは実行に移している)。
b0133911_18231479.jpg
今月29日、宇城市不知火町の宇城市立不知火図書館(不知火文化プラザ内)で日野原先生の訃報を受けて設置されたコーナーを見て、借りてきた「今伝えたい大切なこと〜いのち・時・平和〜」。一度しかない人生をいかに生きるかということや世界平和についての提案をしている。

いま伝えたい大切なこと―いのち・時・平和

日野原 重明/日本放送出版協会

undefined


砂川さんについてはたいそうのおにいさんだったときのことはリアルタイムで知らないのだが、訃報を聞いた時にはどの著書だったかは残念ながら忘れてしまったが「ドラえもんは僕と妻との息子のようなもの」と語るほど奥様・大山のぶ代さんと二人三脚で公私ともに活動をしてきたことや大山さんが認知症を発症した後は常に大山さんのリハビリと治療を支えてきたこと、認知症についての理解と啓発を求めてきたことを思い出した。その砂川さんと大山さんの様子からも私は「生きる」「命」について考えることになったのである。私も砂川さんの訃報を聞いた時には大山さんのことを心配したのだが、私以上に大山さんのことを心配しているのは天に旅立った砂川さんご自身ではないかと思っている。また、砂川さんは「妻より先に死ねない」ということも語っていたので大山さんに対して心配しているのと同時に申し訳なく思っているのではないかと思うとその悲痛な気持ちが伝わってくる様に思えるのである。

今はこの場を借りて日野原先生と砂川さんに感謝するとともに、ご冥福をお祈りしたいと思っている。
日野原先生、砂川さん、本当にありがとうございました。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by shintaromaeda | 2017-07-31 19:03 | 写真 | Trackback | Comments(0)