携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 カテゴリ:未分類( 16 )

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 一日も早く平穏な熊本がよみがえるように(1)

今回の震災では我々熊本県民に取って「宝」と言える文化財も甚大な被害を受けた。テレビでその様子が報じられた際のショックは大きく、実際その目で被害の様子を見た際には改めてショックを受けたがいつかかつての勇姿がよみがえるように県民の一人として努力する必要があるとも思ったのである。

b0133911_19224338.jpg

4月26日、仕事の用件と遊美塾Photoshop講座受講のために熊本市内へ向かった際に(仕事と講座は熊本市内について間もなく5月10日へ延期するという連絡が入った)、熊本市中央区通町方面から見た熊本城天守閣。

b0133911_19243967.jpg

b0133911_19244866.jpg

b0133911_19245946.jpg

5月10日、熊本県伝統工芸館から見た平櫓から不開門一帯とその下にある広場から。

b0133911_19265315.jpg

b0133911_19272292.jpg
b0133911_1927148.jpg

b0133911_19283967.jpg

5月17日、熊本大神宮とその上にあった櫓の数々。

b0133911_19304818.jpg

b0133911_19305918.jpg

b0133911_19311040.jpg

b0133911_19311965.jpg

同日、長塀通り一帯。マスコミで報道されていない坪井川をはさんだ対岸の通路でも崩落した箇所があり、被害が甚大だったことを物語っていた。しかしながらそういう中でも坪井川で鶏がたたずんでいる様子も見ていたら復興への思いが改めて起ったのである。
b0133911_19344137.jpg


我々県民や熊本城を愛する方々の思いが通じた盛夏、今月初めから応急処置的とはいえ修復工事に入るとのことだった。このことを足がかりにしてかつての勇姿がよみがえるようにしなければ、と考えている。そのことが復興への足がかりにもなるとも思っている。




よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by shintaromaeda | 2016-06-15 18:08 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 日航機墜落事故より30年、改めて思うこと

b0133911_16361571.jpg

日航機墜落事故が発生した時に乗客の中に坂本九さんがいたことを知った時には幼い頃から坂本九さんの番組を見て育ったこともあり心配になり無事を祈っていたのだが死亡が確認された際にはもうあの笑顔を見ることが出来ないのかと残念で悲しくなったのを覚えている。
しかしながらその後坂本九さんが歌った名曲の数々が愛され、カバーなどで歌い継がれたことは30年経った今でも改めて私も含め多くの人々の中に坂本九さんが生き続けているという証しであり今後ともそのことは変わりないと思っている。

「明日があるさ」
坂本九 明日があるさ
[PV] Ulfuls - Ashita Ga Arusa
Re:Japan - Ashita ga aru sa (Live EDIT)

「上を向いて歩こう」
Sukiyaki - 上を向いて歩こう (Kyū Sakamoto, 坂本 九)
上を向いて歩こう / 忌野清志郎&甲本ヒロト
氷室京介 上を向いて歩こう
SUKIYAKI - AHMIR (Kyu Sakamoto "Sukiyaki - Ue wo muite arukou" Cover)

「見上げてごらん夜の星を」
見上げてごらん夜の星を(坂本九)・東北のみなさんへ - kyu sakamoto
見上げてごらん夜の星を 平井堅
矢沢永吉止まらない涙見上げてごらん夜の星を

ちなみに、明石家さんまさんは仕事のため東京から大阪へ向かうために事故機に乗る予定だったが仕事が早く終わったために一つ前の便に乗ったため事故を免れて助かったということから名言「生きてるだけで丸儲け」という言葉が生まれ、4年後に大竹しのぶさんとの間に授かったモデル兼シンガーの長女・IMARUさんの名前にも反映させたとのことである。
【涙腺崩壊】日航機墜落事故と明石家さんま…「IMALU」の名前に込めた想い

この30年間安全管理が徹底したことで大きな事故が1件もなかったのは犠牲となった皆さんやそのご家族、さらに事故でショックを受けた皆さんにとって救いとなったのではとも思っているので今後とも航空関係の皆さんには二度とあのような事故を繰り返さないためにもこの場を借りて安全管理の徹底をお願いしたいと思っている。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2015-08-21 17:29 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 祝・皇后陛下傘寿

社会、芸能、スポーツ、海外などニュース速報に加え、エキサイト独自の明日使えるコネタ、びっくりニュースも配信中。
昨日(20日)に皇后陛下が傘寿をお迎えになられたとのことで、天皇陛下とともに二人三脚で御公務に励まれているお姿を見る度に大変頭が下がる思いがすること同時に、御健康とご長寿を願うばかりである。
皇后陛下は純粋な民間出身の皇后第1号ということがあって古い考えの人々からのご成婚反対やご成婚後に様々なバッシングや様々なご病気があった中で天皇陛下とともに55年間に渡って二人三脚で国家国民のために御公務に励まれたこと、さらには震災などの災害が起った際に被災した人々のことを心配されて被災地を真っ先にご訪問されたことにも頭が下がる思いがしている。また、お子様方やその後皇室に嫁がれた皇太子妃雅子妃殿下や秋篠宮紀子妃殿下、さらには4人の皇孫殿下(敬宮愛子内親王殿下、秋篠宮眞子内親王殿下、同宮佳子内親王殿下、同宮悠仁親王殿下)、や他の皇族方に対するお気遣いと深い愛情に対しても頭が下がる思いがするのである。

皇后陛下はご自身の傘寿についてのお言葉で来年終戦70年になることを前提に「争いと苦しみを取り除くことが…」というお言葉を述べられていたが、皇后陛下が天皇陛下や他の皇族方とともに我々国民、さらには世界中の人々の平和と幸福を案じ、祈っておられることに改めて深い感動を覚えたのである。

皇后陛下も「徳仁天皇陛下」と「雅子皇后陛下」の元で皇太子になられる方がいらっしゃるようにということをおっしゃっているとのことなので一日も早く「第3次有識者会議」の設置をお願いしたいと思っている。
b0133911_164512.jpg

b0133911_164199.jpg

[PR]

by shintaromaeda | 2014-10-21 16:05 | Trackback | Comments(2)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂本舗デザイン商品 10.11.24

b0133911_18333396.jpg

今回は来年放送される大河ドラマ『江(ごう)』にちなんで主人公お江(お江与の方)の伯父である織田信長に始まって彼女の嫁ぎ先である徳川家で完了した天下統一事業が江戸時代初期に描かれた落首「織田がつき 羽柴(豊臣)がこねし天下餅 座りしままに食うは徳川」をデザインした商品。
善かれ悪かれお江とその姉二人(茶々=淀殿、お初=常高院=京極高次の正室)とともに彼女たち自身の血縁関係や結婚によって天下統一の過程を目撃したことは事実であろう。最近では彼女たち姉妹に関する新事実もいろいろと明らかになってきている様なのでそのことも含めて大河で描かれるか楽しみである。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
このブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2010-11-24 18:45 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 伸太郎絵手紙画廊(2)

b0133911_18484556.jpg

今回は2007年1月頃に描いたもの。どこにあった急須か記憶が定かではないのだが、おそらく当時東京の大学に行っていた妹の下宿先にあった急須だったと思う。

にほんブログ村 写真ブログへこのブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2009-09-25 18:51 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂デザイン商品 新商品09.8.23(3)

b0133911_17105366.jpg

b0133911_1711864.jpg

b0133911_17112097.jpg

今回は来る8月30日に行われる衆議院選挙に関連して麻生太郎首相と鳩山由紀夫民主党代表、そしてそれぞれの祖父である二人の元首相である吉田茂さんと鳩山一郎さんのそれぞれの因縁をモチーフにデザインした商品。

吉田茂さん


鳩山一郎さん


吉田茂さんと鳩山一郎さんは一時期権力闘争を繰り広げ、最終的には吉田内閣は総辞職、鳩山一郎内閣の成立と相成った。まさか二人の両元首相もその後お互いの孫同士が方や総理総裁、方や野党第一党の党首となって対立するとは夢にも思ってなかったと思っている。

私も8月30日には自分が持っている一票で国政に意見を申すべく投票所へ足を運びたいと思っている。

エキサイトニュース : 麻生首相「手応えよくなる」 TV討論、鳩山氏「地殻変動だ」

にほんブログ村 写真ブログへこのブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2009-08-23 17:27 | Trackback | Comments(2)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂デザイン商品 新商品09.6.26

b0133911_18243197.jpg

b0133911_18244352.jpg

今回は公民権運動家列伝シリーズの第4弾と5弾として南アフリカのデズモンド・ツツ大主教と黒人初の大統領となったネルソン・マンデラ氏をモチーフにデザインした商品。
かつて南アフリカで行われていたアパルトヘイト(人種隔離政策)について知ったのは小学校時代の副読本であった。その記事の中でアパルトヘイトに立ち向かうツツ大主教の半生と差別撤廃に向けた活動と同じく人種融和を目指すマンデラ氏の運動について書かれており、一日も早く南アフリカから差別がなくなりすべての人々が平等で仲良く暮らせる日が訪れることを願ったものである。その後中学3年の時に映画『遠い夜明け』(英題:Cry Freedom)を学校のイベントで見て再びアパルトヘイト問題について考える機会が再び訪れることとなった。そのこともあり翌1990年にマンデラ氏が28年続いた獄中生活を終えて釈放されたニュースが報じられた時は私も嬉しく思ったのである。
長年の運動の成果が実り、マンデラ氏は1994年に大統領に就任、97年の恒久憲法では「いっさいの人種差別の禁止」が明文化されることとなった。
来年は人種融和国家となった南アフリカでワールドカップが開催される。どんな展開になるか楽しみである。

『遠い夜明け』は黒人公民権運動家のスティーブ・ビコ氏とそれに協力した白人のジャーナリストであるドナルド・ウッズ氏の友情を軸とした物語である。下の映像は予告編なので(全編英語)この映像を見てご興味をお持ちになられたのであれば一度ご覧いただければと思う。

にほんブログ村 写真ブログへこのブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2009-06-26 18:46 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂本舗 デザイン商品 09.4.9

b0133911_20304045.jpg

今回は大人になっても嬉しい子どもの日のこいのぼりをデザインした商品。
こいのぼりもポールを離れて一家で遠出してみたい時もあるのではないかと思って今回のデザインを思いついた。興味をお持ちの方は是非ともどうぞ。

にほんブログ村 写真ブログへこのブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2009-04-09 20:34 | Trackback | Comments(1)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂本舗デザイン商品 新商品09.2.12

b0133911_1915986.jpg
今回もホワイトデー向けにデザインした商品。他の人とは違った感謝の気持ちを表したい方は是非ともどうぞ。

にほんブログ村 写真ブログへこのブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2009-02-12 19:03 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂デザイン商品 新商品09.2.11

b0133911_1932136.jpg
戦国武将シリーズの番外編として私が撮影した熊本城の写真を加工・デザインした商品。熊本城は豊臣秀吉の直属家臣である加藤清正公(我々熊本県民はこのように呼ぶことが多い)が1607年に築城し、その後加藤家、後に細川家によって徳川幕府260年の時代に肥後国(現・熊本県)と豊後国(現・大分県)の一部の統治の拠点として機能し、現在では日本の名城の一つに数えられている。昨年には本丸御殿が復元された。そのこともあって昨年一年間の入場者数は全国の城の中でトップとなった。興味を持たれた方は是非ともどうぞ。

b0133911_1934083.jpg
よく「ありがとう」をこういう言葉でギャグにする人が多いので変わった形で感謝を伝えたい方々に向けてデザインした。興味を持たれたた方は是非ともどうぞ。
にほんブログ村 写真ブログへこのブログをよろしく
[PR]

by shintaromaeda | 2009-02-10 19:12 | Trackback | Comments(1)