携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 終戦72年を迎え、改めて思うこととさらに思うこと

去る15日で大東亜戦争(太平洋戦争)終結から72年を迎えたが、年代の経過に伴って戦争体験を語り継いで行くことをどうするのかということが課題となっていて各地でその取り組みをどうするのかが報道されていたが、私は戦争体験だけではなく戦後我々の祖先がどのようにして戦災の焼け野原の中、ガレキの中から復旧・復興を目指して立ち上がり、復旧・復興を実現させて繁栄へとつなげて行ったのかというのも語り継いで行く必要があるのでは、と思っている。私は困難に遭遇する度に、特に私の地元・熊本を震災という未曾有の自然災害に襲われた際に祖先のことを思い返して困難を克服するために、熊本・大分の復旧・復興のために何か出来ることはないかと考えて一歩一歩前へ進んで行ったのである。

改めて「3・11」発生直後に戦災の焼け野原の中から立ち上がって復旧・復興を成し遂げた我々の祖先を思い返して被災地の復旧・復興を支援すべくデザインした商品。未だに想像を絶する困難と不安の中にある「3・11」被災地と熊本地震被災地、先月豪雨水害に襲われた福岡・大分の被災地復興のために改めて祖先を思い返し、力を合わせて復旧・復興を実現させることを願ってご紹介させていただくこととした。
b0133911_17102795.jpg

もう一つは最近1995年(平成7年)、終戦50年企画でNHK-BSで放送された「野坂昭如 戦争童話集」の中で「世界全体を見ると、「戦後」という言葉はなかったかもしれない」というコメントが戦後50年間に起った戦争の映像をバックに登場したことをよく思い出すのである。と申すのは放送から22年経った今日でもイギリス・マンチェスターで起ったアリアナ・グランデのコンサート会場でのテロ事件やスペイン・バルセロナでのテロ事件などISILによるテロ事件や緊迫する中近東情勢、米朝間の戦争の危機など平和とはほど遠い事態が世界各地で起っていることを考えると「戦後72年」というのはあくまでも日本だけにいえることであり、世界全体では「戦後」という言葉がない以上は日本政府、そして日本国民がするべきことは世界全体が平和になるための政治や外交の実現のために何が出来るのかを考え、皆で議論することと国際社会にメッセージを発することではないかと思っている。


にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]

# by shintaromaeda | 2017-08-18 18:03 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 続・広島と長崎を襲った悲劇より72年を迎え、率直に思うこと

b0133911_18494494.jpg
先月末に宇城市立不知火図書館で借りてきた中沢啓治さんの「はだしのゲン 自伝」。1994年(平成6年)に被爆50年を翌年に控えて中沢さんが生い立ちを通じて体験してきたことやそれに対して思ってきたことが綴られている。「昭和天皇の戦争責任」を始めとして皇室や自衛隊に対して誤解をしていることなどはさすがに受け入れられなかったが、故郷・広島に対する思い(私が震災後に地元・熊本に抱いた思いと相通じるところがあった)やご家族に対する思い、核廃絶、さらには原発廃止を願う気持ちなどは受け入れられることが多かったので、その他中沢さんが描いたエッセイや「はだしのゲン」関連の本、小林よしのり先生の「戦争論」シリーズや「天皇論」シリーズと合わせて読んでみてはいかがかと思っている。

はだしのゲン自伝

中沢 啓治/教育史料出版会




「はだしのゲン」を読む

田口 ランディ /河出書房新社



はだしのゲン わたしの遺書

中沢 啓治 /朝日学生新聞社




「はだしのゲン」創作の真実

大村 克巳 /中央公論新社


新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

小林 よしのり /幻冬舎


新ゴーマニズム宣言SPECIAL戦争論 (2)

小林 よしのり /幻冬舎


新ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論〈3〉

小林 よしのり /幻冬舎


ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論

小林 よしのり /小学館

皇室は何のために存在するのかという問いに答えるべく執筆された一冊。

スコア:

ゴーマニズム宣言SPECIAL 新天皇論

小林 よしのり /小学館

さらに皇室に関する疑問に答えると同時に皇統断絶の危機に対して提案がされている一冊。

スコア:

ゴーマニズム宣言SPECIAL 昭和天皇論

小林 よしのり /幻冬舎

これまで大東亜戦争(太平洋戦争)の「戦争責任」論から否定的な見方がされ続けた昭和天皇の業績を再評価し、「戦争責任」論の間違いを訴えた一冊。「天皇論」「新天皇論」の続編であると同時に「戦争論」シリーズの続編の一面もある。

スコア:


9日に行われた長崎市平和式典の際も政府が核兵器禁止条約に批准しなかったことに対して長崎市長のスピーチで批判があり、後に安倍総理と被爆者団体の皆さんとの面談があり、その席で政府が条約に批准しなかったことについて「総理、あなたはどこの国の総理なのですか?」という問いかけがあったがそういう批判や問いかけが来るのは無理もないことである。

政府が核兵器禁止条約に批准しなかったことと最近相次いでいる原発再稼働の容認は根が同じ所にあるのでは、とも思ったのである。
放射性物質が人々を不幸にすることが明白である以上、この地上いかなる場所でも放射能の恐怖におびえることがないように安倍総理を始めとする政府関係者の皆さん、国会議員の皆さん、官公庁の皆さんには被爆国、原発事故が起きた国の行政・立法・官公庁の一員として核廃絶のためにも条約へ批准を、さらには原発廃止と自然再生エネルギーへの転換を目指す政策の実現をお願いしたいと思っている。

最後にタンゴ歌手・冴木杏奈さんが歌う「広島のためのタンゴ」。広島県内の風景をバックに核廃絶と平和を願う気持ちとともに焼け跡とガレキの中から広島県民の皆さんが立ち上がったことに敬意を表している。
冴木杏奈 Anna Saeki  MV「広島のためのタンゴ Tango para Hiroshima」




にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

# by shintaromaeda | 2017-08-17 19:57 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 前田画楽堂本舗デザイン商品 17.8.15(天皇陛下「お気持ち」表明から1年、改めて思うこととさらに思うこと)

b0133911_22290642.jpg
今回は天皇陛下の国家国民を思うお気持ちに従って、「特例法」を廃止して皇室典範の改正を求めるべくデザインした商品の第2弾。
去る8日に天皇陛下から「お気持ち」の御表明があってから1年となるが、改めてこの場を借りて申し上げることがあるとするならば天皇陛下が望んでおられるのは恒久的な御譲位の制度の整備と安定した皇位継承が行われるために皇室典範が改正されることである。このままでは「徳仁天皇陛下」以降ご自身の後を継がれる方々がご自身と同じ問題(ご高齢のために御公務が難しくなってきて国民に対して申し訳なく思っておられるとともにお父様である昭和天皇崩御の際にご即位の儀礼や大葬の礼の準備、新元号の制定などを様々な儀式や御公務を短い時間の中でされたため)をお抱えになるのではないかということを心配されてのことと「徳仁天皇陛下」と「雅子皇后陛下」の基で皇太子になられる方がいらっしゃらないことを心配されて「お気持ち」の御表明されたことをもう一度ご理解頂ければと思っている。
憲法の規定で「皇室に関する規定は皇室典範に基づく」と描かれている以上は国土を愛し、祖先を敬う「真の愛国」の気持ちがあるのであれば、「徳仁天皇陛下」以降皇位を継がれる方々のことを思うのであれば、皇室を大切に思うのであれば天皇陛下のお気持ちに従い一刻も早く典範改正の手続きを行うしかないということもご理解頂きたいと思っている。

まずは御譲位の規定については私も
1.天皇陛下のお言葉(ご意向)を尊重すること
2.皇室会議で話し合いの上で了承すること
3.皇太子(皇嗣)が18才以上であること
4.譲位後の先代天皇の呼び名は正式名称を「太上天皇」、略称を「上皇」とする
5.古くから上皇や法皇(太上法皇)の存命中から先代皇后(天皇の母親)は「皇太后」、先々代皇后(天皇の祖母)は「太皇太后」という称号だったことに基づき、その称号を引き継ぐ(「上皇后」は間違い)

とするのが望ましいと考えている。また、皇位継承については701年(大宝元年)に制定された「継嗣令」で「女帝即位・女系継承」を認めていたことや実質女系継承だった天皇も数多くいることを考えれば(斉明天皇→天智・天武両天皇兄弟など)「女帝即位・女系継承公認」も視野に入れた上で話し合いを行う(私は「徳仁天皇陛下」と「雅子皇后陛下」の基で「愛子皇太子殿下立太子」を行うのが望ましいと考えているのだが、敬宮愛子内親王殿下のご意向も尊重した方が良いのではと考えている)のも望ましいとも考えているので、その規定を制定するのであれば来年行われる秋篠宮眞子内親王殿下のご結婚までには間に合うのではと思っている(改めて眞子様の幸せなご結婚のためにもお願いしたいと思っている)。

また、御譲位のご意向があった後に新元号を制定する際は新天皇の即位儀礼の翌年元日からの改元が望ましいと考えている。


にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]

# by shintaromaeda | 2017-08-15 17:26 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 広島・長崎を襲った悲劇より72年を迎え、率直に思うこと

b0133911_15484527.jpg
6日午後、熊本市役所にて原爆で亡くなった方々を追悼するためと核廃絶を願って掲げられた半旗。

6日と明日(9日)で広島と長崎がそれぞれ悲劇に襲われてから72年となるが、今年の広島平和式典で日本が国連で締結された核兵器禁止条約に参加しなかったことについて政府に対して怒りの声が上がったことは無理もないことだと思ったのである。本来、唯一の被爆国である日本の政府にはたとえ「核の傘」の下に入っている状態であっても条約締結の旗ふり役となって核保有国に条約参加を呼びかける役割があったはずなのだが、それを果たさなかったということは広島と長崎でなくなった方々や今でも原爆症で苦しんでいる方々、広島と長崎に広がった惨状を目にした方々、さらには世界各国の核実験で被爆した方々に対して申し訳ないことをしたのではと思っている。
また、条約に参加した方が北朝鮮・金王朝による核開発をやめさせて朝鮮半島の非核化を実現する第一歩になるのでは、と思ったのである。

安倍総理を始めとして政府関係者の皆さんと国会議員の皆さん、官公庁の皆さんには条約への参加を検討していただきたいと思っている。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

# by shintaromaeda | 2017-08-08 16:27 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 「生きる」「命」について考えるきっかけを作った方々に感謝し、ご冥福をお祈りする

今月は聖路加国際病院の名誉院長を務めた日野原重明先生と「ドラえもん」大山のぶ代さんのご主人で初代たいそうのおにいさんとして知られている砂川啓介さんの訃報も伝えられた。それぞれの訃報を聞いた時には日野原先生と砂川さんから「生きる」「命」について考えるきっかけを作っていただいたのではということを思い起こした。日野原先生は1995年(平成7年)3月に地下鉄サリン事件があった時に病院を開放して被害を受けた人々を受け入れて治療に当たったことで「生命」を守る危機管理の発展に尽くしたことを始めとして様々な慈善事業やボランティア、著書から「生きる」「命」について語りかけたのは知っていたのだが、訃報を受けての報道で1970年(昭和45年)に発生したよど号ハイジャック事件で人質になってしまった時に救助された時の恩を忘れずに「困ったときはお互い様」いうことで災害被災地などへの慈善事業やボランティアも行う様になったことを知った。その記事を読んだ時に私も改めて熊本地震被災時に助けていただいたことを忘れずに恩返しが出来る様になりたいと思ったのである(福岡や大分の豪雨水害の被災地の復旧・復興のために何か出来ることはないかと思い、募金など少しでも出来ることは実行に移している)。
b0133911_18231479.jpg
今月29日、宇城市不知火町の宇城市立不知火図書館(不知火文化プラザ内)で日野原先生の訃報を受けて設置されたコーナーを見て、借りてきた「今伝えたい大切なこと〜いのち・時・平和〜」。一度しかない人生をいかに生きるかということや世界平和についての提案をしている。

いま伝えたい大切なこと―いのち・時・平和

日野原 重明/日本放送出版協会

undefined


砂川さんについてはたいそうのおにいさんだったときのことはリアルタイムで知らないのだが、訃報を聞いた時にはどの著書だったかは残念ながら忘れてしまったが「ドラえもんは僕と妻との息子のようなもの」と語るほど奥様・大山のぶ代さんと二人三脚で公私ともに活動をしてきたことや大山さんが認知症を発症した後は常に大山さんのリハビリと治療を支えてきたこと、認知症についての理解と啓発を求めてきたことを思い出した。その砂川さんと大山さんの様子からも私は「生きる」「命」について考えることになったのである。私も砂川さんの訃報を聞いた時には大山さんのことを心配したのだが、私以上に大山さんのことを心配しているのは天に旅立った砂川さんご自身ではないかと思っている。また、砂川さんは「妻より先に死ねない」ということも語っていたので大山さんに対して心配しているのと同時に申し訳なく思っているのではないかと思うとその悲痛な気持ちが伝わってくる様に思えるのである。

今はこの場を借りて日野原先生と砂川さんに感謝するとともに、ご冥福をお祈りしたいと思っている。
日野原先生、砂川さん、本当にありがとうございました。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

# by shintaromaeda | 2017-07-31 19:03 | 写真 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 不朽の名曲を創り出した方々に感謝するとともに、ご冥福をお祈りする

b0133911_17321937.jpg
今月21日に歌手で作曲家で後進の育成にも貢献した平尾昌晃さんが、24日に作詞家の山川啓介さんが亡くなったという訃報を聞き、その後平尾さんや山川さんが創り出した楽曲が紹介され、その楽曲を歌った方々のコメントが紹介されるにつれて改めて(それまで平尾さんはテレビで何度も見かけることがあり、山川さんは名前だけ見かけたことが何回かあった)平尾さんと山川さんが生み出した楽曲が多くの人々を励まし、時代をつくったことを実感したのである。

歌手としての平尾さんと聴いて思いつく歌はこちら(リアルタイムで聴いたことはないのだが、テレビの懐古企画などで聴いたことがある)
20111124 002カナダからの手紙

この曲も平尾さんの作曲だと聴いた時には平尾さんの業績の広さにいい意味で驚いた
必殺仕事人BGM

山川さんが作曲した歌の数々の中でまずは印象に残っている歌を選んでみた(こちらの楽曲もリアルタイムで聴いたことはないのだが、テレビ番組の懐古企画などで聴いたことがある)
時間よ止まれ/矢沢永吉
太陽がくれた季節 スペシャル青い三角定規 西口久美子 with 田中星児 & 平 浩二

今は平尾さんと山川さんが名曲を創って時代を彩ったこと(平尾さんについては後進の指導に当たったことにも)に感謝し、ご冥福をお祈り申し上げたいと思っている。
平尾さん、山川さん、本当にありがとうございました。




にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]

# by shintaromaeda | 2017-07-31 18:17 | イラストレーション・絵画 | Trackback | Comments(0)