携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 祝・秋篠宮殿下・敬宮愛子内親王殿下・雅子妃殿下お誕生日、遅れながら秋篠宮眞子内親王殿下お誕生日

10月23日に秋篠宮眞子内親王殿下が、先月30日に秋篠宮殿下が、今月に入って1日に敬宮愛子内親王殿下がお誕生日を迎えられ、来る9日に皇太子妃雅子妃殿下がお誕生日を迎えられるとのことである。
先月末に眞子様のご結婚の日程が来年11月4日に、奇しくも愛子さまのお誕生日である今月1日に天皇陛下から「徳仁天皇陛下」へのご譲位の日付が2019年(平成31年)4月30日となり翌日改元・即位儀礼と決まったが、両陛下をはじめ皇太子ご一家、秋篠宮ご一家の方々は引き続き皇位継承が不安定なままになっていることや「特例法」によって御譲位が天皇陛下一代だだけとなっていることに不安をお持ちなのでは、と思っている。
改めて眞子様がご結婚されるまで「特例法」を廃止して皇室典範の改正を目指すことで両陛下をはじめとする皇族方にご安心いただくことと眞子様がお幸せなご結婚をされることが国土を愛し、祖先を敬う真の「愛国」であることをご理解いただきたいと思っている。

皇室典範の改正を求めるべくデザインした商品はこちら
b0133911_19272626.jpg


b0133911_18374651.jpg
b0133911_22290642.jpg
かつて愛子様は不登校があったせいもあり皇太子・天皇としてのお勤めをこなされるのか疑問を持つ意見があるが、愛子さまの皇族としてのお勤めについてはもう少し待ってみてはどうかと思っている。愛子さまは昨年修学旅行で広島に行かれた際原爆ドームをご覧になられた時の感想を感想文に書かれ、その中で核廃絶(恐らくは原発廃止も)と平和を切に願っておられていたので(そのことを女性誌で読んだ)、成年皇族となるお年(18歳)になられてからいとこにあたる眞子様や佳子様のように精力的に御公務をこなされ、さらには歴代8人10代の女性天皇と肩を並べるほど歴史に残る女性天皇になられるのではと個人的に思ったのだが、典範改正には愛子さまご自身の意向も反映させるべきだと思っている。
雅子さまは完全に御公務に復帰されてその後公務のニュースが伝わってきているが皇后陛下同様国家国民を思うお気持ちが伝わってくるように思っているので、「徳仁天皇陛下」と「雅子皇后陛下」も両陛下から国家国民のための、より良い諸外国との関係を築かれるための御公務を二人三脚で引き継がれた後で進展されるのでは、と思っている。





にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]

by shintaromaeda | 2017-12-05 17:52 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://gagakudo.exblog.jp/tb/27823585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 続・度重なる相撲界の不祥事につ... 度重なる相撲界の不祥事について一言 >>