携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 「7・12」より5年、九州北部豪雨から1週間を過ぎて思うこと

去る12日で「7・12」(平成24年九州北部豪雨)から5年、福岡県朝倉市と同県朝倉郡東峰村、大分県日田市を始めとする九州北部豪雨から一週間となったが、「3・11」発生からまだ日が浅く、記憶が生々しく残る中で地元・熊本県を襲った災害でショックを受けたこと、その後の熊本地震で被災して大きなショックを受けたこと、九州北部豪雨の惨状を見た瞬間に「7・12」や熊本地震での惨状を思い起こして何か私にも出来ることはないかと思ったこと(実は「7・12」でのことも思い起こしていた)とこの5年間にあったことを思い起こしていた。それと同時に人間も自然の一部である以上、どのようにして自然災害の猛威に対して防災・減災を進めて行くのかということも考えていた。
そういう中で、12日の熊本ローカルニュースでは「7・12」で被災した地域での慰霊祭や現状を伝えるニュースとともに防災のためのイベントを伝えるニュースの中で「日常備蓄」という言葉を聞いた。
それは日持ちがする食品を多めに買っておいて災害時に役に立てるということだが、私もその必要があると思った。実際熊本地震発生時には商店の休業が相次いで必要なものを買うのにも大変な思いをしたためである。

「日常備蓄」については私が検索して見つけたサイトを参考に
東京都防災ホームページ 日常備蓄で災害に備えようパンフレット

また、上益城地域や阿蘇地域などの熊本地震被災地からも「恩返し」ということで九州北部豪雨の被災地にボランティアに参加する方々を伝えるニュースを見る度に熊本が多くの方の支援によって元気になって行っていることもあり改めて私も何か出来ることはないかと思っている。どのくらいの支援が出来るかは分からないのだが、豪雨水害の被災地が元気になるために可能な支援をしたいと思っている。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

# by shintaromaeda | 2017-07-16 18:20 | その他 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 一歩一歩進む熊本(6)〜地震、台風、豪雨水害とよみがえる悪夢と思うこと

本日正午前に鹿児島市で震度5の地震が発生したという一報を聞いた時にも熊本地震の悪夢を思い起こし、人ごととは思えずに心配していた。
鉄道が早いうちに復旧するなど幸い大きな被害はなかったとのことだが、この場を借りてお怪我をされた方がいるとのことだったのでお怪我をされた方の一日も早い回復をお祈りするとともに被害を受けた方にはお見舞いを申し上げたいと思っている。
また、熊本地震発生時に揺れに襲われながら川内原発が事故に遭っていないかどうかというのを心配した様に鹿児島の地震でも川内原発がどの様になったのか心配したのだが、事故は起きなかったということで安心したのだが事故が起る危険がなくなったわけではないので日本で4度も放射能の恐怖におびえるということが起きない様に川内原発はもちろんのこと、日本全国の原発の全廃・廃炉と自然再生エネルギーへのを訴え続ける必要があると改めて思ったのである。

原発の全廃・廃炉を求めるべくデザインした商品はこちら(一部)
b0133911_20091622.jpg
b0133911_20091253.jpg
b0133911_20085889.jpg
b0133911_20082366.jpg
b0133911_20080852.jpg
b0133911_20072533.jpg

b0133911_20073395.jpg



あと、熊本地震発生時に阿蘇山の噴火を心配した様に桜島の噴火も心配していたのだが、起きなかったので安心している。


今月に入ってからは特に北海道での地震に続いて阿蘇郡産山村での余震と思われる地震、わずかな時間ではあったが我が家でも停電とそれに伴う断水が起きた台風3号、阿蘇郡南小国町も被災した福岡・大分を中心とした九州北部での豪雨水害、今日の鹿児島での地震と熊本地震で被災した悪夢を思い起こすような災害が起るたびに心苦しく思うとともに防災と被災地の復旧・復興のために何か出来ることはないかということを常に考えている。実行出来ることがあれば実行に移したいと思っている。





にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]

# by shintaromaeda | 2017-07-11 18:52 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 西本和民先生の母上・西本喜美子さんが「ナカイの窓」に出演します

来る19日午後11時59分から日本テレビ系列で放送される「ナカイの窓」に西本和民先生の母上・西本喜美子さんが出演します。
昨年フォトエッセイ「ひとりじゃなかよ」を刊行し、様々なテレビ番組に出演している西本喜美子さんが「ナカイの窓」で司会者・中居正広さんを始めとして共演している皆さんとどの様なトークをするのか大変楽しみにしています。
もしご興味をお持ちであればご覧頂けると幸いです。

ナカイの窓(日本テレビHP内)


ひとりじゃなかよ

西本喜美子 /飛鳥新社

熊本市在住で世界最高齢(推定)のデザイナー・写真家である西本喜美子さんが始めて自身の世界観とメッセージを最大限に表現した一冊。


西本喜美子さん関連の映像はこちら。まだまだYoutubeには関連映像がまだまだあるのでご興味をお持ちであれば検索してご覧いただければと思っている。
「西本喜美子さんプロデュース 年賀状キャンペーン」メイキング&インタビュー
コロカル先週(12/5〜11)の記事人気ランキングです。
【紹介】ひとりじゃなかよ (西本喜美子)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

# by shintaromaeda | 2017-07-11 17:15 | 遊美塾 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 秋篠宮眞子内親王殿下ご婚約会見延期について思ったこと

6日昼に本日(8日)に予定されていた秋篠宮眞子内親王殿下がご婚約相手の小室圭さんと共同で行う予定だったご婚約会見を眞子様と小室さんのご意向で今回九州北部を襲った豪雨水害を受けて延期されたという一報を聞いた時には眞子様と小室さんからも両陛下や皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻同様国家国民を思うお気持ちが伝わってくるようだった。改めて熊本県民、熊本地震被災地住民の一人として熊本・大分と「3・11」被災地と豪雨水害の被災地が一日も早く元気になるために力を合わせて何か出来ることはないかと思ったのである。
そして、眞子様と小室さんのお幸せを願うとともに天皇陛下のお気持ちに背くことは決してするまいと思ったのである。


改めて2012年(平成24年)3月に「3・11」被災地が元気になることを願い、天皇陛下とともに祈りを捧げる様に求めるべくデザインした商品。
今回は「3・11」被災地と熊本地震被災地が元気になることと同時に豪雨水害被災地が元気になるためにもご紹介させていただくこととした。
b0133911_1205129.jpg


天皇陛下のお気持ちに従って皇室典範の改正を求めるべくデザインした商品。
眞子様と小室さんのお幸せを願うためにも改めてご紹介させていただくこととした。
b0133911_18374651.jpg


にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]

# by shintaromaeda | 2017-07-08 19:43 | 前田画楽堂本舗 デザイン商品 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 今年は悲しみの中から星に願いを込めて

私の地元・熊本県を含めた九州北部地方を襲った豪雨水害で変わり果てた福岡や大分の惨状、阿蘇郡南小国町で崩落した道路と孤立した集落などを見た際には熊本地震で被災した直後の熊本を思い起こしてしまい、悲痛な気持ちになったのである。
今夜、七夕の夜を悲しみと不安の中で迎えた方々も多くおられるのではと思うと居ても立っても居られない気持ちにもなるのである。
この場を借りて亡くなられた方々のご冥福と一刻も速く行方不明になっている方々が無事に発見されることをお祈り申し上げるとともに、一日も早い被災地の復旧・復興を熊本県民、熊本地震被災地住民の一人としても力を合わせて実現出来る様に何か出来ることはないかと考えている。

本年も私が七夕と言って真っ先に思い起こす歌を
Janne Da Arc - Stare
Janne Da Arc Stare (2006 LIVE)

それでは、例年通りブログをごらんの皆さんの願いが叶うことを願うとともに一日も早く豪雨水害で被害を受けた皆さんの願いも叶うことを願っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

# by shintaromaeda | 2017-07-07 20:07 | その他 | Trackback | Comments(0)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 神戸市連続児童殺傷事件から20年、池田小児童殺傷事件から十七回忌、秋葉原通り魔事件から9年、改めて思うこと

少々遅くなったが、先月(5月)で神戸市で起った児童殺傷事件から20年、今月(6月)8日で大阪府池田市の池田小で起った児童殺傷事件から十七回忌と秋葉原通り魔事件から9年となるが、それぞれの事件発生時には社会や容疑者の家庭環境に原因を求めて責任転嫁をするような意見があったが、それは筋違いというものではないかと思っている。社会や家庭環境に問題があったとしても全てにおいてやっていいことといけないことがあることを認識して責任転嫁は絶対に許されないことであることは今日でもこれからも変わらないのでは、ということをこの場を借りて申し上げたいと思っている。

神戸の一件の直後に当時14才だった容疑者の少年の顔写真が雑誌に掲載されて雑誌が回収されたことが問題になって少年法の見直しを求める意見が上がり、その後も少年犯罪が発生する度に少年法について見直しが課題となったが、凶悪犯罪を犯した未成年者については成人と同じ様に実名・顔写真を公表することで自身が起こしたことがどのようなことだったのかを認識させ、少年法で守られているような認識をさせない様にする必要があるのでは、と思っている。
近年、容疑者の元少年が「告白本」を出版してその内容被害者遺族の皆さんの心を傷付けたことが問題となったことについて思ったことは、表現の自由は限度があって人を不幸にする自由は認められていない以上は前科者への出版に制約を加えられる様に法改正を行う必要があるのでは、とも思っている。

最近になって幼稚園に刃物を持った男が侵入した事件や欅坂(けやきざか)46の握手会での襲撃事件を始めとしてその他アイドルへのストーカー行為など池田小や秋葉原で起きた悪夢を思い起こさせるような事件も相次いでいるので、教育機関やアイドルグループ、さらには街中やネットの中の安全の確保も急務となっているのではということも思っている。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

# by shintaromaeda | 2017-06-29 18:10 | その他 | Trackback | Comments(0)